キビヤックという不思議な料理を食べてみた人の味の感想は?料理の特徴は?食べると食中毒になる?食べ方、作り方、日本で買えるかなどについて解説します。

キビヤックという食べ物を知っていますか。その名前くらいは聞いたことがあるという人も多いでしょう。キビヤックといえば、世界でも有数の臭い食べ物として有名です。

そこでこの記事は、キビヤックの特徴やキビヤックの作り方などについて解説していきます。

キビヤックとは?漬物料理?

キビヤックとは、カナダのイヌイット族が食べる保存食です。アザラシのお腹の中にアパリアスという海鳥を詰め込み、地中に数ヶ月埋めて発酵させた食べ物となります。イヌイット族にとっては伝統のある保存食となりますが、世界でも有数の臭い食べ物として有名です。

発酵食品ですので漬物と同じようなジャンルではありますが、実際にはまったく違う食べ物です。アザラシのお腹の中で発酵させたアパリアスは、内臓がドロドロになっています。その肛門に口をつけ、すすって食べるのです。さらに肉はもちろん、脳味噌まで食べます。

キビヤックの特徴12個

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用,https://alchetron.com)
(1)イヌイット族に伝わる伝統的な保存食
(2)アザラシのお腹の中にアパリアスという鳥を詰め込む
(3)アパリアスを詰めたアザラシを地中に埋めて発酵させる
(4)18ヶ月ほど発酵させることもある
(5)とてつもなく臭い
(6)ビタミンなどの栄養が豊富
(7)内臓や脳味噌も食べられる
(8)味は美味しい
(9)アパリアスの肛門から溶けた内臓をすすり出して食べる
(10)日本で食べるのは難しい
(11)加熱せずに生のまま食べる
(12)誕生日やクリスマスなどの特別な日に食べることも多い

キビヤックの特徴としては、やはりその臭さです。キビヤックは世界で4番目に臭い食べ物とも言われています。ちなみに日本の食べ物として有名な「くさや」は世界で5番目に臭い食べ物です。キビヤックは納豆の3倍の臭いがすると言われています。

また、意外にも味は美味しく、ビタミンなどの栄養素も豊富という特徴もあります。アラスカに住む人々はフルーツなどを食べることができないため、キビヤックは貴重なビタミンを摂取できる食べ物です。だからこそ、イヌイット族にとっては伝統的で命にも関わる重要な食べ物なのです。

キビヤックを食べてみた結果!味はうまい?

キビヤックはどんな味がするのか、気になりますよね。キビヤックを食べたことがある日本人の冒険家は、「意外にもおいしかった」という感想を残しています。臭いはかなりきついそうですが、アパリアス自体にはそこまで臭みはなく、濃厚な鶏肉の味がするそうです。

また、アパリアスの内臓は塩辛に似た味がするようです。どちらも美味しくいただくことができたと感想を残しているため、旅行に行かれる方で興味のある方は食べてみると良いでしょう。

キビヤックの起源や歴史

キビヤックはカナダのイヌイット族が生み出した、発酵食品です。起源はハッキリとわかっていませんが、イヌイット族に古くから伝わる民族料理でもあります。

アザラシのお腹の中で発酵させたものをなぜ食べるのかと疑問に思うかもしれませんが、それは病気を防ぐためです。イヌイット族が住む場所は極寒の地で、日照時間も少なければ、果物などもありません。

それによりビタミンをほとんど摂取できない状態なのですが、キビヤックにはビタミンが含まれています。そしてビタミンは加熱すると失われてしまうため、生のままその肉を食べるのです。

つまり、キビヤックはイヌイット族が生きていくために、先祖が生み出した大切な食べ物なのです。