最近は子供が生まれた時に産院が血液型を調べないケースも多く、小学校に上がっても子供の血液型がわからないパパママも多いでしょう。親の血液型から考えられる、子供の血液型の組み合わせや確率を検証します。血液型検査の必要性など気になる情報も解説します。

子供の血液型や調べるタイミングが気になりますよね?

子供の血液型はいつわかる? 血液型は何種類? 組み合わせや確率を検証!
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

子供の血液型は、調べておかないといざというときに困るのでは? 調べるにはどんな方法があるの? などと疑問を持つパパママは多いでしょう。「赤ちゃんのころに血液型を検査しても成長に従い検査結果は変化する」「正しい血液型検査結果が出ない」など、さまざまな情報が飛び交っています。この記事では、子供の血液型に関するさまざまな疑問について、詳しく解説します。

親の血液型の組み合わせと子供の血液型の確率

子供の血液型はいつわかる? 血液型は何種類? 組み合わせや確率を検証!
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

子供の正しい血液型を知るには、医療機関で血液型検査を受ける必要があります。しかし現在、生まれた時に子供の血液型を調べてくれる病院はとても少なくなりました。
血液型検査をしなくても、パパママの血液型から子供の血液型を推測できます。下の表で縦と横をそれぞれパパママにあてはめ、交わるところが子供の血液型と確率です。あくまで表の数値はおよその確率なので、「多分うちの子はこの血液型かな?」という目安にしてください。

A型 B型 O型 AB型
A型 A型84%・O型16% A型26%・B型23%・AB型34%・O型17% A型60%・O型40% A型50%B型20%AB型30%
B型 A型26%・B型23%・AB型34%・O型17% B型81%・O型19% B型57%・O型43% A型22%・B型50%・AB型28%
O型 A型60%・O型40% B型57%・O型43% O型100% A型50%・B型50%
AB型 A型50%・B型20%・AB型30% A型22%・B型50%・AB型28% A型50%・B型50% A型25%・B型25%・AB型50%

子供の血液型は表の組み合わせに絶対に当てはまるわけでなく、ごく稀に例外が発生します。以下に2つの例を挙げました。

子供の血液型が例外的になるケース1|親が「シスAB型」

血液型がAB型の人の中には、ごく稀に非常に珍しい「シスAB型」の人がいます。するとその子供の血液型は前項の表と異なることがあります。

通常AB型の人は、2本の染色体にAの遺伝子とBの遺伝子を1本ずつ持ちます。パパママどちらかがAB型の場合、本来なら子供はAもしくはBの遺伝子を必ず1本は受け継ぐため、前項の表の通りO型にはなりません。
しかし稀に、Aの遺伝子とBの遺伝子が両方とも1本の染色体に乗り、もう1本の染色体には何も乗っていない状態になることがあります。これが異例のシスAB型で、「ABの遺伝子とOの遺伝子を1本ずつ持つ」イメージです。
パパもしくはママがこのシスAB型である場合、通常なら生まれないはずのO型の子供が生まれたり、相手がO型なら子供はA型かB型のはずなのにAB型になったりすることがあります。

子供の血液型が例外的になるケース2|親が「Oボンベイ型」

「Oボンベイ型」の人は、本当は違う血液型になるはずなのに検査で判定できず、O型と判定されます。
ヒトの赤血球には血液型を決める「抗原」があり、A抗原を持つと血液型はA型、B抗原だとB型、両方持つとAB型、どちらも持たないとO型となります。赤血球とA・B抗原は「H抗原」というタンパク質でつながっていますが、Oボンベイ型にはこのH抗原がありません。そのため血液型を検査する際にA抗原やB抗原が検出されず、O型と判定されます。
Oボンベイ型はA抗原やB抗原を持つため、万が一パパママどちらかがOボンベイ型だった場合、パパママともにO型なのに子供は別の血液型になることがあります。