創業から200年!!日本を代表する老舗の江戸菓子屋「榮太樓總本鋪」は知っていますか?
今回はそんな江戸時代から受け継がれるお菓子やさんの人気商品「榮太樓飴」をご紹介します。
この飴、味はもちろんのこと、見た目もレトロでとっても可愛いんです♡

江戸時代から続く「榮太樓飴」

榮太樓飴
(画像=JOERAより引用)

創業200年。東京・日本橋に本店を置く、人気の老舗菓子屋「榮太樓總本鋪」。
江戸時代から続く人気商品や、映えるような今風のお菓子を数々展開している榮太樓總本鋪ですが、今回ご紹介するのは創業時代から愛され続ける「榮太樓飴」です。
江戸時代から守られてきた製法で作られる榮太樓飴は絶品♡
手軽に食べられる飴なのに、高級感と歴史を感じさせる深い味わいが楽しめます。

レトロな缶が可愛い♡

榮太樓飴
(画像=JOERAより引用)

私がゲットしたのは「榮太樓飴3缶セット」1700円(税込)。
3缶セットには、榮太樓飴の1番最初に作られた「梅ぼ志飴」とその他「黒飴」「抹茶飴」が入っています。
そしてまず目に入るこの飴の缶が可愛すぎる・・・♡
レトロ感があって飴を食べ終えた後も小物入れにしたいくらいです。

お口にやさしい三角形!?

榮太樓飴
(画像=JOERAより引用)

榮太樓飴というと特徴的なのがこの”三角形”のかたち。
三角形になっているのは、口の中を傷つけないようにするため、飴の欠けを防ぐためなのだそう。
味だけでなく、食べる人のことも考えてくれているなんて流石ですね!