なんかいいことないかなという言葉を毎日のように言っている人は意外と多く存在します。どれだけ不幸なんだと言ってみたくもなりますが、いったいどのような心理でそのようなことを言っているのでしょうか。今回はなんかいいことないかなが口癖の人の心理を紹介していきます。

【はじめに】なんかいいことないかなが口癖

なんかいいことないかなという言葉を毎日のように言っている男性や女性を見たことがあるという人も多いでしょう。毎日、なんかいいことないかなと口癖のように言い、何かいいことがあった直後にもなんかいいことないかなと言うため、いったいどのような感覚でその言葉を言っているのかわからないものです。

なんかいいことないかなという言葉は、それ自体がネガティブな言葉なため、その言葉を聞くと、こちらまでネガティブな気分になってしまいます。一度であればまだしも、口癖のように毎日それを言われると、だんだんイライラしてしまうものです。

「なんかいいことないかな」が口癖の人の心理11選【要注意】
(画像=『Lovely』より引用)

そのような口癖がある人は、独り言としてなんかいいことないかなと言っているのでしょう。実際にそれを言うときは、つぶやくように言うことがほとんどですので、何か返答が欲しいというわけでもなさそうです。しかし、口癖のように毎日言われてしまえば、さすがに気になってしまいます。

なんかいいことないかなと毎日言っていても、それだけ長い期間、何一ついいことがないということはありません。それを考えれば、なんかいいことないかなと口癖のように言う男性や女性は、いいことがあったにも関わらず、そのような言葉を吐いているということになります。いったいどんな心理なのでしょうか。

「なんかいいことないかな」が口癖の人の心理11選【要注意】
(画像=『Lovely』より引用)

なんかいいことないかなの心理を知ろう

なんかいいことないかなと口癖のように言う人は、どのような心理なのか気になるものです。そこでここからは、なんかいいことないかなという人の心理を紹介していきたいと思います。

なんかいいことないかなと口癖のように言う人の心理がわかれば、なんかいいことないかなと言われたとしても、それほど苛立たなくなるものです。また、そのようなことを言われた時の、対策としても参考になるでしょう。

「なんかいいことないかな」が口癖の人の心理11選【要注意】
(画像=『Lovely』より引用)

なんかいいことないかなと口癖のように言う人の心理には、様々な心理があるものです。必ずしもなんかいいことないかなと言っている人の心理が、全員同じというわけではないため、そこにある心理を見極め、対処していくことが大切になってきます。

ではさっそく、なんかいいことないかなと口癖のように言う人の心理を紹介していきましょう。

「なんかいいことないかな」が口癖の人の心理11選【要注意】
(画像=『Lovely』より引用)

【なんかいいことないかなの心理①】ネガティブ

なんかいいことないかなと口癖のように言う人は、ネガティブという特徴があることが多いです。

ネガティブという特徴があると、物事を全てマイナスに捉えてしまうようになります。先輩から褒められたとしても、言葉の裏を読んでしまい、嫌味で言われているのではないか、本当はそんなこと思っていないのでは、と考えてしまうのです。

「なんかいいことないかな」が口癖の人の心理11選【要注意】
(画像=『Lovely』より引用)

ネガティブだと良いことがあったとしても、マイナスに物事を考えてしまいます。その結果、良いことが起きているはずなのに不幸しか感じることができず、なんかいいことないかな、という言葉が口癖になってしまうのです。

ネガティブという特徴を持つ人は、幸せの量が他の人と同じであったとしても、それを認識できないという特徴があります。その結果、なんかいいことないかなと口癖のようにいってしまうようになるため、注意が必要です。

「なんかいいことないかな」が口癖の人の心理11選【要注意】
(画像=『Lovely』より引用)