天気雨のスピリチュアルな意味とは?天気雨の意味と別名の言い方は?天気雨と狐の嫁入り、吉兆や不吉、恋愛や復縁との関係についても詳しく解説します。

天気雨と言えば、晴れているのに雨が降ってくるという不思議な現象のことですよね。実は天気雨には、様々なスピリチュアルな意味があります。

そこでこの記事では、天気雨のスピリチュアルな意味などについて解説していきます。

天気雨の意味と別名の言い方

天気雨とは、晴れている状態なのに雨が降ることを意味します。目には見えないほどの小さな雲が雨を降らしたり、雨が地面に到達するまでの間に雲が消えたりすることで発生する現象です。

天気雨は別名、「狐の嫁入り」と呼ぶこともあります。他にも、日照雨、涙雨、天泣と言ったり、沖縄では方言で太陽雨を意味する、ティーダアミという言い方をすることもあるのです。

天気雨は珍しい現象のようにも思えますが、全国的に考えれば頻繁に起こる現象です。特に沖縄では日常的に見られる現象となります。

天気雨と狐の嫁入りの関係

天気雨のことを狐の嫁入りと呼ぶこともありますが、なぜそう呼ぶのでしょう。そもそも狐の嫁入りとは、その昔、別の村から嫁としてやってくることを指していました。

夜にたくさんの提灯とともに、嫁がその村にやってくるのですが、嫁がやってくることを知らない村人はそれを見て、「狐が嫁入りの真似をして村に入り込もうとしている」と勘違いしたのです。そのため、狐の嫁入りという言葉が使われるようになりました。

そして、天気雨がそのような意味を持つ狐の嫁入りと呼ばれるのは、天気雨が狐の嫁入りのように不思議な現象だからと言われています。

天気雨は吉兆?不吉?

天気雨は基本的に吉兆を示すものとされています。雨は作物を育てるためには欠かせないものですよね。天からの恵みとも言われるものですので、不吉な意味はありません。

これから幸せが訪れることを予兆していたり、天気雨によって邪気を浄化することができるという意味があったりします。そのため、天気雨に遭遇したらラッキーだと思っておくと良いでしょう。

天気雨のスピリチュアルな意味とメッセージ10個

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

天気雨にはスピリチュアル的にどのような意味があるのでしょうか。そこでここからは、天気雨にあるスピリチュアルメッセージを紹介していきます。

1. 幸せを予兆している

天気雨は幸せが訪れることを予兆していると言われています。天気雨が降った後は、虹がかかることが多いです。虹はスピリチュアルの世界において、幸せを象徴するものと言われているため、天気雨が降ればもうすぐ幸せがやってくるとされているのです。

あなたにとって良い出会いがあるかもしれませんし、これまで不幸続きだったという人は運気が上向いてくるかもしれません。様々な良い出来事が期待できるため、楽しみにしておきましょう。

2. 神様に祝福されている

天気雨が降るときは、太陽に照らされた状態で、天からの恵みである雨が降ることになりますよね。太陽も雨も、天に存在するものですので、天気雨は神様に祝福されていることを意味しているという考え方もあります。

あなたは神様に守られているということですので、今歩んでいる道を迷わずに進んで行けば、幸せを掴むことができるでしょう。また、神様が不幸が寄り付かないように守ってくれるかもしれません。そのため、神様への感謝を忘れず、迷わずに今歩んでる道を進んでいきましょう。

3. 豊作を予兆している

雨は作物が育つ上で欠かせないものですよね。昔から天気雨は神様からの祝福とされていたため、神様が今年は雨をたくさん恵んでくれるというメッセージだと信じられていました。そのため、豊作を予兆しているという意味もあるのです。

4. 成功を予兆している

今何か夢を持っていたり、大きな仕事に取り組んでいたりする人もいるでしょう。そのような人が天気雨に遭遇した場合、それはその夢や仕事の成功を予兆しています。夢が叶ったり、大きなチャンスを掴み取れたりするのです。

あなたは夢を叶えるために、これまでしっかり努力してきたのでしょう。その姿を見て、神様はあなたを味方してくれています。運も味方につけられるようになるため、これから人生が大きく変わる可能性もあるのです。