ポイントを貯めたいなら「楽天Pay」

(写真=PIXTA)

「楽天ペイ」は、楽天カードや楽天銀行の口座からチャージして、スマホアプリで支払いができる決済方法です。また、楽天のフリマアプリ「ラクマ!」の売上金をそのまま「楽天ペイ」の残高にチャージすることもできます。

「楽天ペイ」では、コード払いはもちろんのこと、スマホを機器にタッチするだけのEdy払いなどが利用できるのが特徴です。

「楽天ペイ」は利用できる店舗も多く、最近では名古屋・池袋のパルコやラフォーレ原宿でも使えるようになりました。また、「楽天ペイ」が使えなくても、「楽天Edy」なら使えるという店舗や、その逆のケースもあります。いずれも利用に応じて「楽天スーパーポイント」が貯まるので、提携店舗のキャンペーンとあわせてぜひチェックしてみましょう。

キャッシュレス決済、結局どれがおすすめ?

(写真=PIXTA)

近頃、コンビニチェーンやショッピング施設でキャッシュレス決済の導入が加速的に進んでいます。一方で、コード決済は「わざわざQRコードを読み取るのが煩わしい」など、賛否両論はあるものの、従来の現金払いと比べればその手軽さはやはり魅力です。

「最近、決済方法がありすぎて、結局どれを使えばよいかわからない」という人は、まずはキャンペーンなどをきっかけに、いろいろ実際に使ってみて自分に合うものを選ぶとよいでしょう。

貯めたいポイントがある場合などは、どれかひとつの決済にまとめたほうがよいですが、そうでない場合はキャンペーンによって利用する決済方法を変えるのもひとつの方法です。コンビニで数百円の買い物でも、チリも積もれば大きな金額になります。キャッシュレス決済を利用し、おトクに買い物を楽しんでみてはいかがでしょうか。

文・木村茉衣(ファイナンシャル・プランナー)

【こちらの記事もおすすめ】
PayPay?LINE Pay?結局キャッシュレス決済はどれがいいのか
【お金のクイズ】「PayPay」登録ユーザーは何万人?
PayPayはどう使う?チャージや支払い方法をやさしく解説
電子マネーアプリ3つを徹底比較!「スマホ払い」におすすめなのは?
PayPayが使えるお店がぞくぞく登場!使えるお店の探し方