2020年2月28日より、コンビニ「デイリーヤマザキ」系列の各店舗でキャッシュレス決済が導入され、「PayPay」と「楽天ペイ」が使えるようになりました。さらに、3月23日からは「LINE Pay」も使えるようになり、コンビニチェーンではキャッシュレス決済がどんどん普及しています。

デイリーヤマザキでLINE Payを使ってみよう!

(写真=PIXTA)

3月23日から、全国の「デイリーヤマザキ」「ニューヤマザキデイリーストア」「ヤマザキデイリーストアー」にてキャッシュレス決済の「LINE Pay」が使えるようになりました。

これまで「デイリーヤマザキ」で使える決済手段には、現金のほかにクレジットカード、電子マネーなどがありましたが、今回「PayPay」「楽天ペイ」「LINE Pay」などのいわゆるスマホ決済が導入されたことによって、コード支払いが可能となるのが特徴です。

コード支払いとは、スマートフォンなどの画面にQRコードを表示させ、レジで読み取ってもらったり、店頭で提示されるQRコードを自分のスマホで読み取ったりして、商品代金を支払うことができる決済方法です。現金やカードを出す必要がなく、スマホひとつでスマートに会計ができます。

「LINE Pay」は、LINEのユーザーなら、規約に同意し、口座連携などでお金をチャージするだけですぐに使えるので、アプリなどを新たにダウンロードする必要はありません。

そのほか、本人確認を行っておくことで、LINEの友だち同士で送金や割り勘ができるようになるなど、個人間の決済も便利にしてくれるのが「LINE Pay」の魅力です。

PayPayの注目キャンペーン

(写真=PIXTA)

お得なキャンペーンが多く、なにかと話題にあがるPayPay。PayPayは、コンビニに限らず、利用できる店舗がどんどん増えており、さまざまなキャンペーンが随時実施されています。4月中は、対象の飲食店での支払いをPayPayで行うことで、20%還元されるというキャンペーンも行われています。

それぞれ、Yahoo!プレミアム会員の場合は還元率がアップする点も要チェック。新生活にもぴったりな、おトクな還元キャンペーンが目白押しなので、まだPayPayを使ったことがない人も、この機会にPayPayデビューをしてみるのもよさそうです。

>>paypay(iOS)の詳細を見る(公式サイトへ)

>>paypay(Android)の詳細を見る(公式サイトへ)