妊娠中は胎教にいい音楽やママの好きな音楽を聞いて、お腹の赤ちゃんと一緒にリラックスするのがおすすめです。胎教にいい音楽を聞くのはいつからがいいのでしょうか? クラシックやオルゴールなど胎教におすすめのCDや胎教アプリ、先輩ママの胎教にまつわるエピソードも紹介します。

胎教とは?

胎教にいい音楽は? いつから? クラシックやオルゴールなどのおすすめのCD・アプリ6選
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

胎教とは、妊婦さんがお腹にいる赤ちゃんを意識して、話しかけたり、音楽を聞いたり、触れ合ったりしてコミュニケーションをとる行動のことです。

胎教で音楽を聞かせるのはいつから?

胎教にいい音楽は? いつから? クラシックやオルゴールなどのおすすめのCD・アプリ6選
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

お腹の中の赤ちゃんの耳や目などの感覚器官が機能を持つ時期は20週~25週頃。そのため、胎教で音楽を聞かせる時期は、妊娠6ヶ月頃が目安です。

胎教で音楽を聞かせると赤ちゃんによい効果はあるの? メリット・デメリットは?

胎教にいい音楽は? いつから? クラシックやオルゴールなどのおすすめのCD・アプリ6選
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

「妊娠中に〇〇を聞かせると、赤ちゃんの頭がよくなる」という話を聞いたことはありませんか? しかし、胎教が赤ちゃんの脳の発達に、どのくらい影響するかという科学的な根拠は今のところありません。

ママが好きな曲やリラックスできる音楽を聞きながら歌うと、ママ自身がリフレッシュできたり、気持ちが落ち着いたりするといったメリットがあります。妊娠中のストレスはよくないため、音楽を聞くのが好きなママは、リフレッシュ手段として取り入れてください。

ママ自身が音楽を聞くのに抵抗があったり、「胎教をしなければいけないから」とイライラしてしまう場合はデメリットにもなります。胎教で音楽を聞くことにママがストレスを感じる場合はやめましょう。