観たら感動が止まらない!ほっこりしたおうち時間を過ごしたい人におすすめのデイズにー映画を2つご紹介します!

『リメンバー・ミー』

2018年に日本で公開されたピクサー製作の作品。キャッチコピーは”それは、時を超えて―家族をつなぐ、奇跡の歌。“。キャッチコピーの通り、時を超え、音楽を通じてつながる家族の絆を描いた感動作品です!

あらすじ

ディズニー映画
(画像=JOERAより引用)

音楽が大好きな主人公の少年ミゲルは、伝統を大切にする家族と暮らしていた。そんな音楽が大好きなミゲルの夢は、ミュージシャンになること。しかし、家族は猛反対。その理由は昔、ミゲルのひいひいおじいさんが音楽のために家族を捨てたことによって一族にできた「音楽禁止の掟」からだったーー。

そんな中、ある日ひいひいおじいさんの顔が破られた写真を見つけるみミゲル。そこで、ひいひいおじいさんが有名なミュージシャンだったことを知り、町の祭壇に飾られた彼のギターを触ってしまい死者の世界へ迷い込んでしまうことに。

迷い込んだ死者の世界で出会ったのは、陽気な骸骨のヘクター。ミゲルはヘクターと共に彼のひいひいおじいさんに出会うために冒険をすることになる。

しかし、日の出までに元の世界に帰らないと元の体に戻れなくなってしまうミゲルーー。またヘクターも生きている家族に忘れられれば、死者の国からも消えてしまう、つまり2度目の死が訪れようとしていたーー。

感動ポイント

ディズニー映画
(画像=JOERAより引用)

ヘクターに2度目の死が訪れようとしている時、実はミゲルの本当のひいひいおじいさんはヘクターだったということが判明。生きているミゲルのひいおばさんであり、ヘクターの娘であるママ・ココは高齢であるためヘクターのことを忘れかけたーー。

このままだとヘクターは消えてしまう。

元の世界に戻ったミゲルは、ママ・ココに彼女の父・ヘクターとの思い出の曲を歌う。このままヘクターは消えてしまうのか、それともーー。涙が止まらない感動のクライマックスに注目です!