ハワイの豊かな自然は美味しいフルーツやコーヒー豆をもたらしてくれます。そんな豊かな実りを使った美味しい飲み物やフードを提供するカフェもたくさんあってどこに行くか迷いますよね。そこで今回はハワイ旅行で必ず訪れたい今最も旬なカフェを4つご案内します。

ブルーツリーカフェ/Blue tree cafe

「ブルーツリー」はバリスタが淹れる本格的なコーヒーが味わえる、穴場的なヘルシーカフェです。

このカフェのオーナーはスーパーモデル、デヴォン青木さんのご兄弟、ケビン青木さんと世界的DJのスティーブ青木さん。

カフェの名前ブルーツリーはオーナーお二人のラストネーム(姓)から付けられました。

アラモアナから徒歩10分ほどのパシフィカホノルルというコンドミニアムの1階で営業している1号店に続き、大注目エリアのカカアコに2号店を進出。

場所はコレクションというコンドミニアムの1階で、ちょうどソルト・アット・アワ・カカアコの1ブロックお隣になります。

青を基調とした店内には1号店と同じような自転車がディスプレイされています。

レンガ造りの店内が落ち着いた雰囲気の1号店とはまた少し違う、明るくて開放的な雰囲気がカカアコというエリアにベストマッチしています。

ドリンクメニューではオーガニック素材にこだわったホームメイドのコンブチャやスムージーがヘルシー志向のローカル達に大人気。

水の代わりにココナッツウォーターを使うアメリカーノ・コーヒーなど、独創的なコーヒー&ティーメニューも人気です。

フードメニューやペストリーも充実しており、こちらももちろんグルテンフリーなどヘルシーなメニューが揃っています。

ブルーツリーカフェ/Blue tree cafe
住所:    600 Ala Moana Blvd, Honolulu
電話番号:    808-536-2222
営業時間:    6:00~18:00 、土・日曜 8:00~18:00
定休日:    無休
URL:    https://ja-jp.facebook.com/BlueTreeHawaii/ (Facebook)

カフェモーリーズ/Cafe Morey’s

2018年のオープン以来、お店もメニューもフォトジェニックだと人気の「カフェモーリーズ」。

開け放たれた窓から明るい日差しとハワイの優しい風がよく入る店内は、開放感があって居心地がとてもいい空間。

クリーム色にミントグリーンのアクセントカラーが映え、直接壁に描かれた素敵なアートが目を引きます。

注文は後ろにメニューボードがあるオシャレなカウンターでオーダーしますが、日本語のメニューも用意されているので英語が苦手でも安心です。

コーヒーや紅茶、ジュース類など豊富なドリンクメニューに加え、ビールやカクテルなどのアルコールメニューも扱っています。

ドリンクメニューにはレギュラーとラージの2種類からサイズを選べるものもあり、美味しい飲み物をたっぷりと楽しめます。

フードメニューはシグネチャーのフライドライスがおすすめメニュー。バターで炒めた香ばしいフライドライスは見た目がシンプルで味もしつこくなく、いくらでも食べられそうな味わいで、豊富なトッピングメニューも追加できます。

パパイヤやイチゴなど新鮮なフルーツがたっぷりのった、ホヌをかたどったパンケーキもインスタ映えすると好評!
ダイヤモンドヘッドを望むモンサラットアベニューでのんびり過ごせる素敵なカフェです。

カフェモーリーズ/Cafe Morey’s
住所:    3106 Monsarrat Avenue, Honolulu
電話番号:    808-200-1995
営業時間:    7:00~21:00 、金~日曜 7:00~21:00
定休日:    無休
URL:    https://cafe-moreys.com/