モラハラ夫が一人になるとどうなる?寂しい・後悔する?それとも…?モラハラ夫の離婚後の特徴、子どもとの面会交流、再婚、後悔しない方法などについて解説します。

モラハラ夫と離婚したくても、「もしかしたら、改心してくれるかも…」と、期待が捨てきれないかもしれません。しかし、モラハラ夫の多くは、離婚しても反省せず、どこまでも自己中心的です。

今回は、モラハラ夫の離婚後の特徴を解説し、離婚で後悔しないための方法を紹介します。

モラハラ夫の離婚後の特徴20個

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

モラハラ夫の離婚後は、以下のようにいくつかのパターンに分けられます。

(1)完全に孤独化する
(2)全てのやる気を失う
(3)セルフネグレクトになる
(4)寂しくて情緒不安定になる
(5)現実を受け入れられず混乱する
(6)離婚を認めないと言い張る
(7)突然親権を訴えてくる
(8)子供を囲いこもうとする
(9)離婚後も頻繁に連絡をしてくる
(10)あなたと子供の動向を知りたがる
(11)拒否しても干渉してくる
(12)突然優しくなり復縁を求めてくる
(13)あなたの同情を引こうと涙で訴えてくる
(14)あなたに執着しストーカー化する
(15)あなたに嫌がらせを行う
(16)あなたの悪口を言って自分を正当化する
(17)自分の母親の元へ帰る
(18)何事もなかったかのように振る舞う
(19)新しいターゲットを探し始める
(20)恋人ができたなどあなたに自慢をしてくる

モラハラ夫があなただけに依存していた場合、大切な妻を失い意気消沈。気力を失い、抜け殻のようになります。ストレス発散の手段を失い、生活は荒れに荒れるでしょう。

辛い状況から抜け出すために、モラハラ夫はあなたを取り戻そうとするかもしれません。同情を引いて戦略的に行動するか、モラハラを暴走させストーカー化するかは、彼の性格次第です。

中には、自分に反抗的な態度をとるあなたへの執着を、あっさりと捨てるタイプもいます。あなたの悪口を言って自分を正当化し、さっさと次のターゲットを探し始め、わざわざ新恋人を自慢げに紹介するケースもあります。

モラハラ夫の離婚後の気持ち

モラハラ夫の多くはモラハラの自覚がありません。そもそも、モラハラ夫は言い訳が多く責任転嫁する性格です。あなたに八つ当たりをして、自分のストレスを発散していることを認めるはずがないのです。そのようなモラハラ夫の離婚後の気持ちは、大きく3つの傾向に分かれます。

  • 自分は被害者だと信じて疑わない
  • あなたを悪者にして恨む
  • 現実を認めず妄想に走る

モラハラ夫は認知が歪んでいるので、自分に都合良く解釈します。自分のモラハラが原因で離婚しても、あなたのワガママだと本気で思っているため、反省するはずがないのです。

モラハラ夫の離婚後は怖い?

モラハラ夫にもさまざまなタイプがあります。自分を拒絶する相手に興味がないタイプならば、離婚後はさっさと次のターゲットを探すでしょう。「あれだけ私に過干渉だったのに、一体何なの?」と、あなたにとっては肩透かしかもしれません。モラハラ夫が離婚で離れてくれるなら、最も理想的な未来と言えます。

一方、あなたに強く依存しているモラハラ夫は、現実を受け入れられず、離婚後も執着するので注意が必要です。ストーカー化したり、あなたを逆恨みして嫌がらせをしたりする可能性があります。身の危険を少しでも感じたら、周囲を頼りあらゆる対策をして自衛した方が良いでしょう。

しつこい嫌がらせするモラハラ夫の特徴

離婚後もしつこく嫌がらせをするかどうかは、結婚生活で見えるモラハラ夫の性格傾向から、ある程度予測できます。以下のようなモラハラ夫は、離婚後にしつこい嫌がらせをする可能性があるため、慎重に話を進めるべきです。

  • 非常にプライドが高い
  • 自分の非を認めない
  • 他責思考
  • コミュニケーション力が低く友達がいない
  • 暇で時間的余裕がある

あなた以外にすがる場所がないと、必死で離婚を阻止しようとします。離婚が成立してもあなたへの依存が止められず、しつこい嫌がらせでつながりを保とうとするのです。

モラハラ夫と離婚後の子供との面会交流は?

面会の約束を破ったり、子供を利用しようとしたりなど、モラハラ夫は面会交流でトラブルを起こすリスクが高いです。しかし、親との面会は子供の権利なので、懸念がある程度では拒否できないことが多いでしょう。

面会交流を拒否できるケースは限られています。モラハラ夫が子供に危害を加えたり、連れ去ったりなど、子供が直接被害を受けるリスクがあるケース、あるいは、子供本人が面会を拒否している場合などです。

面会交流に不安があるけど拒否できない場合は、第三者機関を使うと良いでしょう。離婚の話し合いの際、面会交流で第三者機関の利用を条件として受け入れてもらうのです。第三者機関は連絡の仲介や面会交流の付き添いなどをしてくれるため、離婚後モラハラ夫との交流を必要最低限にできるメリットもあります。