モラハラ夫の母親の特徴は?どんな母親の種類がある?モラハラ夫はマザコン?モラハラ姑の対処法・同居しても大丈夫?などモラハラ夫の母親との関係について解説します。

モラハラする人は、成育歴や家庭環境に問題を抱えているケースが多いです。モラハラ夫を攻略するには、母親のタイプを知り、根底にある原因を分析するのが重要です。

そこで今回は、モラハラ夫の母親の特徴を解説。姑もモラハラを行う場合の対処法も教えます。モラハラ夫はマザコンなのかなど気になることも解説します。

モラハラ夫の母親の種類4個

モラハラ夫の母親タイプは、大きく4種類に分けられます。まずは、モラハラ夫の母親4つの種類について、詳しく解説していきましょう。

1. 息子に無関心な母親

親との愛着関係に問題があると、モラハラを行う原因になると言われています。無関心な母親に育てられ、愛情を感じられずに育つと、妻との健全な愛着関係が築けません。親から愛情のかけかたを学べなかったので、愛し方がわからないのです。

また、母親に愛されなかった夫は「妻も自分を愛してくれないかも」と不信感を抱きがちです。そのため、束縛やルール化で妻を支配して、モラハラ夫は安心感を得ようとします。妻にモラハラをするのは、それでも受け入れてくれることで、愛情を確認する試し行為でもあります。

2. 過干渉で子離れできない母親

モラハラ夫の母親には、無関心とは真逆の過干渉タイプもいます。親ならば我が子の幸せを望むのが当然ですが、過干渉の母親は自分が示した道を歩むのが息子の幸せだと思っているのです。息子が考えて決めようとしても、自分が思い描いていたものと違えば認めません。息子を愛していても、信頼はしていないのです。

過干渉は裏を返せば支配でもあります。支配的な母親に育てられたモラハラ夫は、妻に対して同じ行動をとります。根底にあるのは不信感です。「自分は妻から信頼されていない」「自分は妻を心から信頼していない」という思いが、モラハラ行動に表れます。

3. 息子を溺愛する親バカな母親

息子の言うことなら何でも肯定する親バカな母親も、モラハラ夫製造機です。叱らない育児、のびのび育児を間違って理解し、息子に正しいマナーやルールを教えません。

自由な発想の名のもとに、息子が何をしても褒めちぎり、周囲から指摘されても「まだ子供だから」と全く気にしません。そのため、傍若無人なモラハラ夫ができあがります。

このタイプの母親は、息子が大人になっても、喜んで使用人のように世話をします。一見優しい母親ですが、実は息子に好かれたいだけ。「世界を敵に回しても、息子は私が守るから大丈夫」と、息子の幸福な人生に対して、とても無責任です。

4. 夫のモラハラを受け入れる母親

モラハラ夫の父親がモラハラ夫なのも、良くあるケースです。夫のモラハラを甘んじて受け入れ、それを息子に見せ続ける母親は、間接的に「妻にはモラハラをしても構わない」と、息子に教育しているようなもの。

このタイプの母親は事なかれ主義で、自分さえ我慢すればいいと考えています。自分の育児が新たなモラハラ被害者を作るとは、夢にも思っていません。

モラハラ夫の母親のよくある特徴20個

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

モラハラ夫の母親は、以下のような言動をよくとります。

(1)息子を叱らない
(2)息子のことを何でも知りたがる
(3)息子の相談に乗りたがる
(4)息子を愛称で呼ぶ
(5)息子のことなら何でも肯定する
(6)息子の迷惑行為を問題視していない
(7)息子を否定されるとキレる
(8)息子を過剰に高く評価している
(9)息子自慢が止まらない
(10)夫の要求に妻が応えるのは当然だと思っている
(11)嫁に対して異常に厳しい
(12)嫁にジェラシーを感じている
(13)夫婦の話に口を出す
(14)息子に気を遣い過ぎる
(15)息子の言いなりになる
(16)嫁に味方するが具体的な行動は起こさない
(17)嫁に頼り依存する
(18)息子以外の子供と関係が悪い
(19)息子夫婦に関わりたがらない
(20)本当は息子に興味がない

過干渉タイプ、溺愛タイプは息子と一緒にいることが多く、特徴的な言動が最も多く見られます。どちらも息子に関わっていたくて仕方ありません。息子の前ではあなたに親切に見せますが、実はジェラシーを感じていて、「息子の一番の理解者は私」と張り合ってくるので面倒です。

一方、無関心タイプ、モラハラを受けていたタイプは、あまり存在感がありません。「息子が好きなようにすればいい」と思っていますが、裏を返すと「自分に害が及ばなければいい」という心理があります。

中には、息子から解放されたい一心で、あなたを誉め、優しい姑を演じるタイプもいるでしょう。しかし、保身しかないので、モラハラ夫のことであなたが頼ろうとすると、適当な理由を付けて逃げてしまいます。