手相占いで結婚線の枝分かれの意味は?どんな結婚相手や結婚生活になる運勢を示しているのでしょうか。円満に進む?死別?独身?上が長い・下が長い・三又・ほうき状など結婚線の枝分かれの状況別の意味も詳しく解説します。

結婚線は現れていれば、結婚に関わることが読み取れますが、いろいろな現れ方をし、それぞれ異なった意味を持ちます。その中で枝分かれは、何らかの形で別れることを示唆します。一時的に離れたり、離婚したりと様々なパターンがあり、独身者と既婚者でも意味の捉え方が違ってきます。

それでは、この結婚線の枝分かれについて詳しく解説していきます。

手相占いの結婚線とは?

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

結婚線は小指の付け根の線と感情線の間で、掌側面から横に伸びる線を指します。ここでは結婚運の高さや、結婚に対する関心度、結婚生活の円満度などが読み取れます。恋愛観や結婚観、結婚をする時期も知ることができます。

結婚をする時期などは小指の付け根の線と感情線の間を4等分し、女性では一番下の段を20才とするのが目安です。

結婚線の本数では結婚の回数や結婚を意識した恋愛の回数もわかります。線が濃い程、結婚運や出会い運が高まり、結婚線が見られない場合、結婚願望がほとんどないとされます。

結婚線の枝分かれは当たらない?

一口に枝分かれと言ってもいろいろな形があるので、それを的確に理解しないと当たらないと感じるかもしれません。

このまま進展すると別れやすい状況にあっても、修復が可能な別れや、修復が難しく未練を残してはいけない別れがあったりします。

当人たちに何の落ち度もなく一時的に離れる環境になることもあり、独身者では恋愛に自信が持てないと解釈されることもあります。これらの判断を誤ると見当はずれの鑑定結果になるわけです。

結婚線の枝分かれの意味は死別?独身?離婚?

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

枝分かれで死別を示唆する場合は、枝線が下がっていることが多く、急激に下がっていると急死する可能性が高いとされます。しかしあくまでも可能性なので、生命線が濃かったりと他の手相の意味合いが強ければ、打ち消され死なないことも充分にあり得ます。

独身者の場合は、恋愛や結婚に自信が持てず躊躇していることが考えられます。相手に対して自分はこうあるべきとか、幸せな関係を築くにはこれだけの収入が必要などと結婚に理想を求め過ぎていたりもします。

単に枝分かれしていても、行きつく先が必ず離婚ということもなく、枝線の向かう方向によっては、関係が修復ができ離婚せずに元通りの円満な結婚生活が送れることもあります。離婚の危険をはらんでいますが、一時的な迷いなら致命的な結果になりません。

結婚線の枝分かれで上が長い

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

結婚線の枝分かれで上が長い場合は、何らかの理由で一時的に夫婦が離れ離れになりますが、それをきっかけに、夫婦の絆がより深まる可能性があります。常に一緒に居るとわからなかった相手の良い点が発見できたりします。

しかし離れた際の環境が大きく影響します。出張先で夫が愛人を作ったりすれば離婚につながるわけですが、そうでもない限り致命的な結果にはなりにくいと言えます。

跳ね上がるように上の枝線が長い場合、結婚生活の質が向上し、精神的にも安定するとされます。別れるというよりは、互いに自分の空間や考えを尊重し、空気のような存在になる可能性もあります。

結婚線の枝分かれで下が長い

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

結婚線の枝分かれで下が長い場合、夫婦間の愛情がかなり冷めているとされます。結婚生活の他に力を注いでいるものがあり、関係性が疎かになっているようです。

仕事や趣味にのめりこみ過ぎているかもしれません。このまま放って置くと、別れる可能性が高くなります。少しでも早く冷めた愛情に気付き、修復する努力を重ねれば致命的な結果にはならないはずです。

自分が浮気や不倫をしている場合、行動にはより慎重さが求められます。結婚相手が浮気などをしていることも考えられます。結婚線の末端が下がれば下がる程、本人にとって好ましくない別れにつながります。