「トッポンチーノって何?」と思っている方も多いと思いますが、赤ちゃん用布団のことです。生まれたばかりの赤ちゃんを寝かしつける最強アイテムで、これから育児をするママにはぜひおすすめしたい育児グッズです。トッポンチーノのメリットやデメリット、トッポンチーノの作り方を紹介します!

トッポンチーノって何?

トッポンチーノとは? 寝かしつけが楽? おすすめ10選や作り方も紹介
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

妊娠してはじめて「トッポンチーノ」という言葉を耳にしたパパママも多いのではないでしょうか。トッポンチーノとは、イタリアの医学博士・幼児教育者である『マリア・モンテッソーリ』によって提唱された赤ちゃん用のお布団のことで、モンテッソーリ教育で使われています。一般的なお布団とは異なり、小さな楕円形のかたちをしていて柔らかいため、赤ちゃんのおくるみとしても使用できます。トッポンチーノは、本体にママのにおいを染み込ませて使うことがポイントです。ママのにおいが付いたトッポンチーノを赤ちゃんに使うことで、トッポンチーノがいつでも赤ちゃんの安心できる居場所となるのです。

モンテッソーリ教育とトッポンチーノ

モンテッソーリ教育とは、先に述べたマリア・モンテッソーリ博士が考案した教育法です。マリアはローマの病院で知的障害を抱える子供の療育に取り組み、知能を向上させることに成功しました。

モンテッソーリ教育には、「子どもには、自分を育てる力が備わっている」という「自己教育力」の考え方があります。たとえば、赤ちゃんに歩くことを教えなくても歩こうとしますよね。それは赤ちゃん自身が自立に向かって、成長・発達していこうとしているから。赤ちゃん自らがもつ可能性を信じ、その力を存分に発揮できる環境を整えてあげることで、自発的に行動し成長していくのです。

特に新生児は新しい環境に適応していくとても大切な時期です。生まれたばかりの赤ちゃんは肉体的にも精神的にも敏感であるため、障害の無い環境で母親と一緒にいる必要があるとモンテッソーリは考えました。ですが、常に母親が赤ちゃんの側を離れずにいるのは難しいですよね。そこで役立つのがトッポンチーノなのです。

トッポンチーノはいつからいつまで使うの?

トッポンチーノとは? 寝かしつけが楽? おすすめ10選や作り方も紹介
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

トッポンチーノの特徴は、ママのにおいをしみ込ませて使うこと。そのため生後すぐの新生児期から使うのが理想的だとされています。モンテッソーリ教育において、赤ちゃんが生まれてから6週間~8週間を「母子共生期間」といい、とても重要な時期だと位置付けています。

10ヶ月もの間ママのお腹の中にいた赤ちゃんはこの世に誕生して不安でいっぱい。そんな時に安心感を与えてくれるのはママの声や心臓の音、そしてにおいです。生まれてすぐにトッポンチーノを使うことで、トッポンチーノにママと赤ちゃんのにおいが染み込みます。そして母親が側にいられなくても、トッポンチーノに寝かされた赤ちゃんはママとの一体感や安心感、幸福感を得られるのです。

ただ、トッポンチーノはサイズが小さめなので使える期間はある程度限られています。赤ちゃんが成長しサイズアウトしてしまうと、寝具としての役割を果たさなくなってしまいます。特に赤ちゃんが寝返りをするようになれば、赤ちゃんがトッポンチーノから転がり落ちてしまう心配も出てきます。そのためトッポンチーノを使える時期は、赤ちゃんが寝返りをするようになるまでのだいたい生後3~4ヶ月頃までです。

トッポンチーノの使い方

トッポンチーノとは? 寝かしつけが楽? おすすめ10選や作り方も紹介
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

トッポンチーノは、赤ちゃんが生まれたらできるだけすぐに使い始めるのが理想的なので、できれば出産前に準備しておきましょう。ママのにおいを効果的にトッポンチーノに移すために、ママは出産前からトッポンチーノを枕などにして使い始めておきます。赤ちゃんが生まれたら、トッポンチーノを赤ちゃんのお布団やおくるみとして使い始めてください。抱っこする時もトッポンチーノごと抱っこするようにしてあげると、ますますトッポンチーノにママのにおいが染み付き、赤ちゃんは安心することができます。外出する時もトッポンチーノで赤ちゃんをくるんであげて、初めての環境が苦手な赤ちゃんを安心させてあげましょう。