インド料理によく使われるスパイス「ターメリック 」。

このターメリック 、実は美容やカラダに良い効果があるのです。

また、「ターメリックには素晴らしい効果がまだあるのではないか」と、今もさらに研究が重ねられています。

今回は、今後さらなる優れた効果が期待できそうなターメリックについてご紹介していきます。

ターメリックとは?

ターメリックは、生姜科の植物の根茎です。

商品として出回っているのは、乾燥後に粉砕されたパウダー状のものが一般的。

色は鮮やかな黄色をしています。カレー料理の黄色もこのターメリックからきているものです。

ターメリックの原産地は、インドなどの熱帯アジア。「インドのサフラン」とも呼ばれています。

多くのスパイスをブレンドする際は、それらの仲を取り持つ働きをするため、インド料理においては欠かせないスパイスとも言われています。

ターメリックは、様々な料理の風味づけだけでなく、宗教儀礼の必須アイテムともされていたそう。また、歴史の中で、直接皮膚に塗付して、湿疹や創傷治癒にも使われてきました。

ターメリックとウコンは同じ?

ターメリックの和名は、「ウコン」。

そのため、ターメリックとウコンは「同じ」ですが、厳密に言えば「違う」場合もあります。

ウコンは、世界に様々な種類がありますが、代表的な2種類はこちら。ターメリックは一般的に「秋ウコン」のことを指します。

春ウコン

  • 春に花が咲くことから、この名前。
  • 漢方薬名では「姜黄(キョウオウ)」と呼ばれます。
  • 秋ウコン「ターメリック」よりも黄色味が強く、苦味も強いです。
  • クルクミンは秋ウコンより少ないとされています。
  • 主に健康食品に使用されているものです。

秋ウコン

  • 秋に花が咲くことから、この名前。
  • ターメリックの原料となるもの。
  • クルクミンが豊富で春ウコンよりも多く含まれています。
  • 色は、オレンジに近い黄色。風味が良く食用に使われます。

アーユルヴェーダ医学・中国伝統医学から見たターメリックの効果

ターメリックは、アーユルヴェーダ医学や中国伝統医学において、下記の作用があるとして用いられてきました。

  • 消化促進
  • 肝機能促進
  • 関節炎の痛みの軽減
  • 殺菌作用
  • 抗アレルギー作用
  • 解毒作用
  • 月経調整 忘年会で食べ過ぎ飲み過ぎが多くなるこれからの季節に、嬉しい効果がたくさん詰まっていますね。

    今日では、伝統療法または民間療法として、胸焼け・胃潰瘍・胆石・炎症およびがんなどに用いられているそうです。

    ターメリックに含まれるすごい成分クルクミン

ターメリックに含まれる成分の中で、最も注目されているものが「クルクミン」。

クルクミンは、ポリフェノールの一種であり、ターメリックの中でも主となる有効成分です。

クルクミンは、強い抗酸化性・抗炎症性を有しています。

これらの作用には、シワやシミ予防となるアンチエイジング効果・消化不良の改善・肝機能の改善が期待されるため、美容・健康に効果的と言われています。

有効成分クルクミンが含まれたターメリック。このさらなる効果については現在も研究途中です。

記憶力向上・血糖値レベルの低下・気分を高める効果があるのではないか?!とも期待されています。

これからの研究で、新たな効能が増えることに期待したいですね。