最近、豆を食べていますか?

豆というと、昔の人の食べ物・なんか地味・下処理が面倒、と思っている方もいるのではないでしょうか?

しかし、豆には現代人に不足しがちな栄養がたっぷり詰まっています。

食べないのはもったいない!

豆の優れた栄養を知ると、地味だという見方も大きく変わりますよ。そして、下処理が面倒な人でも簡単に取り入れられる方法がありますので安心してください。

今回は、カラダに嬉しい豆の栄養や、豆選びの参考になる4種の豆比較をご紹介していきます。

世界中で昔から愛されている豆

マメ科の植物は、世界で1万8,000種もあります。その中で食べられる豆は「豆類」と呼ばれ、約70種あります。

世界では古代遺跡から見つかるなど、昔から豆類が食べられています。

また、日本の伝統的食生活では、米を主食、豆類・芋類・野菜類・魚介類などを副食としてきました。

豆類は、このように昔から親しまれていた伝統食でもあります。

豆の驚くべき栄養

このように世界中で昔から親しまれている豆。

その理由の1つとして、理想的な栄養素がギッシリと詰まっていることが挙げられます。

豆類には、人間の体を作り・動かし・整える栄養素が含まれています。特にタンパク質・ビタミン類・ミネラル・食物繊維が豊富。

昔と比べ、現代人の食生活は、肉料理やスナック菓子などの動物性タンパク質や脂質が多くなり、カルシウムや鉄分・食物繊維の不足が心配されています。

このような偏った栄養バランスは、「生活習慣病」の一因になりかねません。

そんな方にこそ、食生活を見直すきっかけの一つとして、不足しがちな栄養素を補える豆類がおすすめです!

大きく2つに分けられる豆類

約70種とたくさんある豆類。どのような種類があるのでしょうか?

栄養構成で見ると「炭水化物グループ」・「脂質グループ」と、大きく2つのグループに分かれます。

<炭水化物グループ>
小豆・ひよこ豆・レンズ豆・ささげ・えんどう・そら豆など

特徴:

  • 乾燥豆の重量の約50%以上が炭水化物。
  • タンパク質も約20%と豊富。
  • 脂質は約2%と少なめ。 <脂質グループ>
    大豆・落花生(ピーナッツ)

特徴:

  • 脂質は、大豆(乾燥豆)が重量の約20%と多め、さらに落花生(乾燥豆)は約50%とかなり高め。
  • タンパク質は、大豆が約30%以上と非常に多く、落花生も約25%と多め。
  • 大豆の炭水化物は、約30%と少なめ。
  • 豆類といっても、このように栄養分に違いがあります。 豆を選ぶ際もこの違いを理解しておくと便利です。

    自身に不足している栄養素を含む豆を選んであげると、栄養の偏りを防げますよ。