妊娠後期に入ると、徐々に赤ちゃんを迎える準備を始めていくものですが、新生児にとって必要なベビー用品は一体どれくらいあるのでしょうか。一度に揃えすぎて使わないのはもったいないですよね。そこで、新生児のお世話に本当に必要なベビー用品とあったら便利なものをそれぞれご紹介します。

新生児とは

出産前に準備したいベビー用品リスト。新生児に必要なものとあったら良いものをまとめました
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

産まれたばかりの子供のことを赤ちゃんと呼んだり、乳児や新生児と言うこともありますよね。新生児は産まれたばかりの赤ちゃんのことを言いますが、具体的に新生児と呼ばれる時期はいつなのでしょうか。

新生児と呼ばれる時期

新生児と呼ばれる時期は産まれた日から数えて生後28日未満までです。生後7日目までは早期新生児と呼ばれることもあります。

新生児の一日の過ごし方

新生児は1日のほとんどの時間を寝て過ごし、1日の睡眠時間は15~20時間で2~3時間おきに起きておっぱいやミルクを飲みます。新生児は免疫力が低く体が弱いため生後1ヶ月を過ぎるまでは外出は控えなければいけません。産後1ヶ月は出産による体のダメージを回復させるためにママも体を休める必要があるため、新生児と一緒に家で休息を取るようにしましょう。

新生児のおっぱい・ミルクに必要なもの

出産前に準備したいベビー用品リスト。新生児に必要なものとあったら良いものをまとめました
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

新生児は2~3時間おきに授乳をします。母乳育児の場合は授乳間隔が頻回になり1時間おきの授乳になることもあるでしょう。夜間も関係なく授乳があるので体をなかなか休ませることができず寝不足になるママもいますが、成長していくと授乳間隔も開いてくるのでこまめに睡眠を取りながら無理をしないように過ごしましょう。授乳は1日の多くの時間を寝て過ごす新生児とママのコミュニケーションの時間でもあります。新生児のおっぱいやミルクに必要なものをチェックしていきましょう。

粉ミルク・液体ミルク

粉ミルクや液体ミルクでの授乳は完全母乳と違いママ以外の人でも授乳をすることができるというメリットがあります。母乳と粉ミルクの混合育児で授乳を考えているママは粉ミルクを用意しましょう。完全母乳の場合でも母乳の出が落ち着くまで混合育児で授乳をすることもあります。産後母乳が出ないというケースもあるので万が一のためにスティックタイプの粉ミルクを用意しておくのもおすすめです。液体ミルクは調乳する必要がないため手軽に利用することができます。粉ミルクよりもコストパフォーマンスは悪いですが緊急時のために用意しておいても良いでしょう。

哺乳瓶・乳首

哺乳瓶は完全母乳か混合か粉ミルクでの授乳かによって用意する本数が異なります。産後ママがどの方法で授乳を行いたいか考えて用意しましょう。完全母乳の場合は白湯を飲ませたり、誰かに預けるときのことを考えて哺乳瓶を1本用意しておくと安心です。混合や粉ミルクでの授乳を考えているママは出産前に哺乳瓶と乳首を用意しましょう。粉ミルクを活用したいというママは出産前に哺乳瓶を2~3本用意し、産後必要であれば買い足していくようにするのがおすすめです。

哺乳瓶一式の消毒セット

哺乳瓶は消毒が必要になるので合わせて哺乳瓶の消毒セットも用意しておきましょう。混合や粉ミルクでの授乳を考えているママは哺乳瓶の消毒の回数も多いため手軽に消毒ができるタイプのものを活用すると手間がかかりません。電子レンジや漬け置きで消毒ができるタイプがおすすめです。完全母乳の場合は哺乳瓶を使う機会も少ないため煮沸消毒で対応することも可能なので産後必要であれば消毒セットを用意するようにしましょう。