ハワイのコーヒー産地と言えばハワイ島コナが有名だが、ハワイ島の他にもさまざまな場所で特徴あるコーヒーが生産されている。今回はその中からお勧めのコーヒー農園や生産者を5つ紹介しよう。

ライオン・コーヒー/Lion Coffee

コナだけじゃない! ハワイの個性豊かなコーヒー農園&生産者
(画像=『LaniLani』より引用)

「ライオン・コーヒー」はハワイを代表するコーヒーとして知られ、日本ではカルディやコストコなどで販売されている。その名前の通りライオンが描かれたパッケージは、見たことがある人も多いのではないだろうか。

1864年創業のライオン・コーヒーはオハイオ州で誕生したコーヒー会社で、1979年にハワイへ拠点を移した。独特の甘みと香りを持つこのコーヒーは飲めば飲むほどクセになると評判だが、豆を焙煎する前に香りを付ける際、砂糖やシロップなどが使われておらずカロリーが低いのも魅力のひとつだ。何十種類ものフレーバーが販売されているが、最も有名で初めてでも飲みやすい商品が「バニラ・マカダミア」。

これはミディアム・ローストの豆に甘いバニラの香りを付けたコーヒーで、ハワイらしいテイストを感じることが出来るフレーバーだ。カリヒ地区にある工場は見学もでき、ここでしか手に入れられないコーヒーも販売されている。

ハワイアン・コーヒー・カンパニー/Hawaii Coffee Company

住所: 1555 Kalani St, Honolulu 電話番号: 808-847-3600 営業時間: (ショップ&カフェ)6:00〜17:00、土曜 : 9:00〜15:00 (工場見学ツアー)10:30〜、12:30〜 土、日は無し 定休日: 日曜

コナだけじゃない! ハワイの個性豊かなコーヒー農園&生産者
(画像=『LaniLani』より引用)

ノースショア・マーケットプレイスにある、ハレイワの名物コーヒーショップ「コーヒー・ギャラリー」。この店で取り扱うコーヒーは、ハワイのコーヒーの代名詞であるコナコーヒーをはじめ、オーナーが厳選した世界中の希少価値の高い豆が多く、なかでもノースショア、ワイアルア地区で収穫される「ワイアルア・コーヒー」はコーヒー・マニアの間で話題になっている。

コナだけじゃない! ハワイの個性豊かなコーヒー農園&生産者
(画像=『LaniLani』より引用)
コナだけじゃない! ハワイの個性豊かなコーヒー農園&生産者
(画像=『LaniLani』より引用)

店内にある焙煎機を用い、オーナー自ら経験に裏打ちされた技で焙煎を行い、新鮮で美味しいコーヒー豆を提供している。また、味だけでなくそのパッケージも2016年からよりかわいいものへとリニューアルされ、お土産にしても喜ばれるだろう。カフェとしても営業しており、豊富なドリンクメニューと自家製のスイーツや軽食メニューもあり、店内のイートインスペースはいつも大勢の客で賑わっている人気の店だ。

コーヒー・ギャラリー/Coffee Gallery

住所: 66-250 Kamehameha Highway, Haleiwa 電話番号: 808-637-5355 営業時間: 6:30~20:00 定休日: 無休

マウンテン・サンダー・コーヒー/Mountain Thunder Coffee Plantation

コナだけじゃない! ハワイの個性豊かなコーヒー農園&生産者
(画像=『LaniLani』より引用)

ハワイ島コナ地区で生産されるコナコーヒーは、キリマンジャロ、ブルーマウンテンとともに世界3大コーヒーとして世界的にも知られているコーヒーである。コナ地区にはコーヒー農園が集まるコーヒーベルトと呼ばれる地帯があるが、その中で有名なコーヒー農園が「マウンテン・サンダー・コーヒー農園」だ。

コナだけじゃない! ハワイの個性豊かなコーヒー農園&生産者
(画像=『LaniLani』より引用)
コナだけじゃない! ハワイの個性豊かなコーヒー農園&生産者
(画像=『LaniLani』より引用)

この農園はコナ地区でも最も標高の高い1000メートルを超える場所にあり、気温が低く寒暖差も大きいため、コーヒー豆がゆっくりと熟し美味しいコーヒーが採れる農園として知られている。ここでは農園を見学するツアーも行われており、豆の収穫から、ピーベリーやグレードの選定、焙煎などコーヒー豆が生産される過程を見学できる。

コーヒーの試飲コーナーでは販売されているコーヒーを飲み比べることも出来、併設されているショップでは、この農園で生産されたコーヒー豆はもちろんのこと、さまざまなオリジナルグッズが販売され購入することが出来る。

マウンテン・サンダー・コーヒー/Mountain Thunder Coffee Plantation

住所: 73-1942 Hao Street, Kailua Kona 電話番号: 808-325-2136 営業時間: 10:00~17:00 定休日: 無休

ロイヤル・コナコーヒー/Royal Kona Coffee

コナだけじゃない! ハワイの個性豊かなコーヒー農園&生産者
(画像=『LaniLani』より引用)

ハワイで有名なコーヒーブランドのひとつ「ロイヤル・コナコーヒー」。ワイキキのレストランやホテルではこのコーヒーが使われている店も多く、販売するすべてのブランドにコナのコーヒー豆を使用し、多くのフレーバーや有名シェフとのコラボ商品も販売されている。

ハワイ島カイルア・コナから車で20分ほどのケアラケクアにはロイヤル・コナコーヒー・ビジターハウスがあり、ショップではロイヤル・コナコーヒー各種やクッキー、チョコレート、さらにオリジナルグッズなど非常に多くの商品を取り扱っている。販売しているオリジナルコーヒーが試飲できるスペースもあり、数多くのコーヒーが試飲できる。

店内にはコナコーヒー150年の歴史を紹介するシアター・ルームがあり、写真を始め、コーヒー栽培に使われた農耕機具や焙煎機なども展示されている。

ロイヤルコナビジターセンター/Royal Kona Visitor Center

住所: 83-5427 Mamalahoa Highway, CaptainCook 電話番号: 808-328-2511 営業時間: 7:30~17:00 定休日: 無休

マウイ・グロウン・コーヒー/Maui Grown Coffee

※現在、マウイ・グロウン・コーヒー/Maui Grown Coffeeは臨時休業中です。詳しくはホームページをご覧くださいませ。

マウイ島で育ち収穫された豆にこだわってコーヒーを生産している「マウイ・グロウン・コーヒー」。その始まりはマウイ島でサトウキビ産業を支えていたパイオニア・ミル社に深く関係している。パイオニア・ミル社は自社が持つサトウキビ畑の一角でコーヒー栽培を行っていたが、サトウキビ産業の衰退と共に会社を清算しこのコーヒー農園も閉園した。

この時農園を譲り受け、コーヒー栽培を始めたのがパイオニア・ミル社でコーヒー栽培を担当し、マウイ・グロウン・コーヒーを創業したジェームス・ファルコナーさんだ。今では西マウイ山脈の裾野にある農園で高品質な豆を栽培し、ラハイナの旧パイオニア・ミル社のサトウキビ精製工場跡地にある直営ショップでは、栽培が難しく貴重なコーヒー「マウイ・モカ」をはじめとしたオリジナルコーヒーを販売している。全体的にすっきりとした印象のコーヒーが多く、お土産にも喜ばれるだろう。

マウイ・グロウン・コーヒー/Maui Grown Coffee

住所: 277 Lahainaluna Rd., Lahaina 電話番号: 808-661-2728 営業時間: 6:30~17:00 定休日: 日曜

ハワイでコーヒーといえばハワイ島を連想する人も多いと思うが、マウイ島やオアフ島でも美味しいコーヒーが栽培、生産されていることがおわかりいただけたと思う。色々なコーヒーを試して味の違いを自分の舌で感じてみるのもおもしろいのではないだろうか。

提供・LaniLani



【こちらの記事もおすすめ】
思わず共感する40代独身女性あるある
100均グッズで宅飲みをワンランクアップ
生活費月100万円超「ご近所セレブ」の実態
旅行のお土産、いくらが適切?
あぁ、癒やされる。飼いやすいペット5選