パワーストーンを置いてはいけない場所とは?パワーストーンの効果と置き場所別のおすすめの石の種類なども紹介します。家の中でどこに置くか迷っている人はぜひ参考にして下さい。

パワーストーンを持つと願いが叶う、魔除けになるなどと噂されるパワーストーン。ブレスレット、指輪、ネックレスなどファッション感覚で身に付けたり、お部屋にインテリアとして置いてますが、パワーストーンの歴史は紀元前から。元祖パワーストーンブームは3000年以上前です。

文明が今よりも発達する前から人々を護り癒し、そして守護してきました。パワーストーンとはいったい何なのでしょう?

パワーストーンの効果

特殊なパワーを持った石を“パワーストーン”と呼びます。それは地球のカケラ。地殻変動や火山活動など地球の生命活動によって生まれた小さなチリや溶岩などが空気中の成分を取り入れ長い時を経て集り固まったものが“パワーストーン”です。

海岸や河原の小さな石にもパワーはありますが、私たちがパワーストーンと呼ぶ石は純度もエネルギー吸収率も高く地球のプラスのエネルギーを多く蓄えています。

石も人も地球の生み出したもの。しかし、人と違い石は無機物です。エネルギーを蓄え、必要な時に必要なモノへと放出する時を待っているとも言えます。

色、成分、産地、出来た形成条件などによってもエネルギーは質が違いますが、石の持つ素質と持つ人の波長があえば、蓄えたエネルギーを放出し身を護り、願いを叶える力を授けてくれるはずです。

パワーストーンを置いてはいけない場所

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

家の中でパワーストーンを置いてはいけない場所というものは基本的にはありません。ただ、効果が上手く発揮されない場所や置き方はあります。

  • 「不潔な所に置かない」
  • 「パワーストーン専用の受け皿に乗せる」
  • 「定期的に浄化する」

という3つのポイントだけは忘れないようにしましょう。

まず、ホコリが溜まっていたり他に何か多くのモノが混在する場所はパワーストーンの効力が他のモノに遮られてしまいますので、常に掃除をして整理整頓を心掛けましょう。そして、出来れば受け皿や専用の器に浄化用の水晶のさざれ石やクラスターと一緒に置くと良いでしょう。

だだ、それはあくまでも一時的な応急処置ですので、定期的にパワーストーンの“浄化”が必要です。石は無機物とはいえパワーを発揮し続ければ力が弱まることもあります。

浄化法は石により若干の違いがありますが、水晶、ホワイトセージ、音叉などは大抵のパワーストーンの浄化に有効です。


アカシア材 木皿 パワーストーンの浄化皿【2枚セット】

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)
¥ 1,590(確認時)

※高評価レビュー多数