ツインレイがどうでもよくなる理由は?ツインレイは統合直前の時期にそうなる?ツインレイの2人の関係と、どうでもよくなる時の乗り越え方について説明します。

前世で一つの魂を分け合った唯一無二の存在であるツインレイ。相手を強く愛し、かけがえのない存在と感じていても、ある日何とも思わなくなる、何も感じなくなった、ということがあります。

この記事ではツインレイがどうでもよくなる理由や、乗り越え方などを解説していくので参考にしてみてください。

ツインレイがどうでもよくなる理由10個

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

ツインレイがどうでもよくなる理由として

・相手への執着がなくなった
・依存がなくなった
・こだわりがなくなった
・自分一人で満足できるようになった
・相手を理解できるようになった
・ソウルワークへ進んだ
・魂の成長
・波動の上昇
・価値観から解放された
・サイレント期間に入った

などがあります。

大きな理由は、相手への執着がなくなることです。今まで相手に依存したり、こだわりを持っていた気持ちが解放されるとどうでも良くなります。自分に愛情を注ぐことができ、一人で満足できるようになります。

相手を広い意味で理解できるので、ありのままを受け入れられるようになるでしょう。魂が成長し、ソウルワークへ進んだ時でもあります。自分自身の使命を達成する段階に入った証拠です。

波動が上昇した時には三次元的な意識が高次元に進み、価値観が解放されます。お互いの成長のためサイレント期間に入った時にも、相手がどうでもよくなるでしょう。

ツインレイが急にどうでもよくなるのは統合直前?

ツインレイが急にどうでもよくなるのは、統合の直前であることがあります。魂の統合のためには相手への執着心を手放すことが必要です。

ツインレイの魂を統合する条件は、お互いに無条件の愛情を与えることです。何の見返りもなく相手を愛し、ありのままの相手を受け入れた時に魂の統合は進展します。相手に期待をしていたり、依存しているうちは統合はできません。

ツインレイとの統合の前には、お互いに成長するために距離を置くサイレント期間も訪れます。相手への執着心を手放し、自分の気持ちを見つめ直して無条件の愛を知ることで、再び一緒になりお互いに成長し合うことができるのです。

統合前の2人の関係

統合前の2人の関係は、出会いや危機、サイレント期間など様々なステージを迎えます。2人の関係や思いが変化しながら執着を手放し、魂の覚醒と統合が起こるのです。

運命的な出会いをした二人は、強くお互いを求めます。相手に愛されるために自分らしくない努力をしたり、無理やり自分磨きをすることもあるでしょう。不安な気持ちから相手が本当のツインレイか確かめる行動を取ることもあります。

ツインレイが自分を幸せにしてくれると強く信じ、相手に依存し執着している状態です。どちらかが離れて行ってしまうと不安になり、自分を責めて自己否定をしたり、相手を疑い責めてしまうこともあります。

自分自身に気持が向いているため、無条件の愛情に気が付くことができないのです。エゴを手放せていないとも言うことができます。