子供服にもブランドがありますね。高級なものばかりではなく手に取りやすい価格帯のものも見つけられます。子供の成長は早く、今年着ていた服が来年の同じ季節には着られなくなることも珍しくありません。使いやすいブランドから人気のブランドまで男女別に紹介していきます。

ブランドの子供服をおすすめする理由とは

男の子、女の子別・子供服の選び方、おすすめ、人気ブランドを紹介!
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

ブランドの子供服はデザインに統一感があります。子供服ブランドのデザインを子供が気に入ってくれれば、そのブランドがその子の「御用達」になり、その次も服を選びやすくなるというメリットがあります。また、小物や靴も合わせて選べば、全身のコーディネートもしやすくなります。子供服を選ぶときは、サイズ選びに困ることもあるでしょう。同じサイズ表記でもブランドによって微妙にサイズが違うため、子供の大きさに合ったサイズを選ぶのが難しくなることもあります。御用達のブランドがあれば、購入するときにサイズ選びに困ることも少なくなりますよ。丈夫なものであれば洗濯しても傷みにくいので、兄弟がいるならお下がりにもしやすくなります。このように御用達の子供服ブランドがあると、メリットが増えてくるというわけです。

子供服のブランドを選ぶポイントとは

男の子、女の子別・子供服の選び方、おすすめ、人気ブランドを紹介!
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

子供服のブランドはひとつではありません。どれがいいのか迷いますよね。我が子にはどのブランドを選んであげればよいのでしょう。子供服を選ぶポイントとして、次の点を参考にしてみてください。

サイズ展開が豊富であるか

子供はあっという間に大きくなって、着る服がどんどんサイズアウトしていきます。サイズ展開が豊富なブランドであれば長く愛用することができるでしょう。また、サイズ展開が豊富であれば兄弟で同じブランドを選ぶことができるので、買い物の際にいくつものお店をハシゴする必要がなくなり、パパやママの負担も減ります。兄弟でコーディネートを楽しむこともできますね。

子供服ブランドとして安い(手頃な)価格であるか

子供はとにかく服を汚しがち! 頻繁にお着がえする日もあるので、何枚も揃えておきたいですよね。さらにすぐにサイズアウトしてしまうので、どんどん服を買い足す必要があります。そのため気軽に買い足せるように、子供服ブランドは手頃な価格で買えるかどうかがポイントになります。

高い価格のブランドでも丈夫か

子供服の価格があまりに高いと、何度も買うのをためらうこともあるでしょう。しかし、価格設定が高いブランドは、作りがしっかりしているものですね。何回洗濯してもほつれたりヨレたりせず生地が傷みにくいため、結果的に長く着ることができます。また、下の子のお下がりにもできるので、長い目で見れば高いブランドの服も経済的であるといえます。よそ行きの服が必要になるシーンでも高いブランドの服が手元にあると重宝するのではないでしょうか。

シンプルなデザイン・柄もののどちらに軸足をおいているか

子供服ブランドによって展開するデザインもさまざまです。カラフルで柄が派手に描かれているのもあれば、シンプルで落ち着いたデザインのものもあります。パパ、ママやお子さんの好みによって、自然とお気に入りのブランドが見つかるでしょう。

子供服のブランドの選び方

男の子、女の子別・子供服の選び方、おすすめ、人気ブランドを紹介!
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

子供服のブランドを選ぶときには、気を付けたいポイントがあります。素材が子供の肌に合っていなかったり、家庭で洗濯しにくかったり、子供が自分でお着替えしづらかったりすると、「何回も着せたい」と思わなくなるでしょう。実際に買い物に行くときに注意すべき点をあげてみました。

子供服の素材

子供の肌はとても敏感で、服の素材が合わないと肌トラブルを起こすことがあります。また、子供は汗かきなこともあるので、汗を吸いやすい素材を選んであげたいですね。直接肌に触れる肌着には、通気性と吸収性にすぐれたコットン素材のものがよいです。上に着る服は食べこぼしや外遊びなどで汚れやすいので、何回洗濯しても乾きやすく傷みにくい化学繊維入りの素材もよいでしょう。また、夏には、UVカット加工がされているものもおすすめです。

子供服の機能

子供が好きなデザインであることや自分でお着替えできることなども、子供服ブランドを選ぶ際のポイントです。生地に伸縮性があるものやボタンが少ないもののほうが、子供は一人でも着替えやすくなります。また裏地にもかわいいデザインがあると、大きめのサイズでも袖やすそを折り返したときにワンポイントになり、長く着ることができるのでその点にも着目してみてください。

子供服の価格

子供服ブランドを選ぶときにやはり気になることが、価格ですよね。あまりに1着の値段が高いと頻繁に買うことは難しいでしょう。だからといって安いブランドばかり選んでも、もしそのブランドが「安かろう悪かろう」であったらすぐに傷んで着られなくなり、結局ムダになってしまいます。価格が安くてもそれなりに丈夫で子供にも合っているか、高くても長い目で見て納得できる価格なのかを見極めていきましょう。