マタニティ用のアウターを買うかどうか迷っているプレママさんもいるのではないでしょうか。寒くなる時期には膨らんだお腹も包んでくれるマタニティ用のアウターがあれば外出時には心強いですよ。安心と温かさを得られるマタニティアウターをシーン別に紹介していきます。

マタニティアウターに欲しい機能とは

シーン別おすすめのマタニティアウターは?マタニティ期以降のママのアウター選びのポイントも紹介!
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

お腹の膨らむ時期には個人差がありますが、臨月が近づくにつれ今までの服が合わなくなってくるのがプレママさんのお悩みのひとつですね。とくに出産時期が秋から冬の方は、大切なお腹を冷えから守るための工夫が必要です。また、妊娠後期は胸が張ってきたり、むくみやすくなったりと、お腹だけではなく全身がふっくらと変化してくることがあります。

マタニティ用に研究開発されたアウターなら、そんな時期も快適に過ごせることでしょう。さらに、妊娠中はホルモンバランスの変化で普段以上に肌が敏感になることがあるので、素材にもこだわりたいですね。マタニティアウターは「あったか・ゆったり・やさしい」機能で選ぶことがポイントです。

マタニティを卒業しても使えるマタニティアウター「ママコート」

シーン別おすすめのマタニティアウターは?マタニティ期以降のママのアウター選びのポイントも紹介!
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

マタニティ期だけしか着られないものを購入するのはもったいないな、と悩んでいる方もいるかもしれません。最近のマタニティアウターは産後も「ママコート」として着られるように機能が充実しているものがあります。「ママコート」とは赤ちゃんを抱っこしたりおんぶしたまま着られるように工夫されているコートのことです。ママ一人で着ても違和感のないおしゃれなデザインもあります。普段のコートを新調するように、好みのデザインを選んで長く着ることができますよ。

赤ちゃんを前抱っこできる2wayタイプのママコート

2wayタイプとはママ一人で着たり、赤ちゃんを抱っこしながら着ることのできるタイプのことです。赤ちゃんを抱っこするときには「ダッカー(マチ布)」を前身頃のファスナーなどに取り付けて、赤ちゃんごと包み込むように着られます。また、合わせを深くしたポンチョタイプやガウンコートタイプなら、ダッカーなしで着こなせるものもあります。

赤ちゃんをおんぶ・抱っこできる3wayタイプのママコート

3wayタイプとはママ一人で着る・赤ちゃんを抱っこしながら着る・おんぶしながら着る、という3通りの使い方ができるものです。2wayタイプと同様に、ダッカーを前身頃や背中のファスナーに取り付けます。また、布地がたっぷりとしたケープタイプやポンチョタイプならダッカーなしのものもあります。ダッカーなしなら付け替えの手間がなく、赤ちゃんの気分にあわせてサッと抱きかえてあげられるのがうれしいですね。

うれしい機能が充実・4way以上のタイプのママコート

ママコートの4way以上となると、アウターそれぞれに特徴のある機能が追加されています。ダッカーに取り外し可能な赤ちゃん用のフードがついていたり、ベビーカーや抱っこ紐に取り付けられるフットマフに変身したり。抱っこ紐に取り付けられれば、パパが抱っこするときの防寒にもなりお得ですね。アウター本体の袖をとりはずしてベストとして着られるものや、ドレープたっぷりのはおりものが授乳ケープとしても使えるようになっていたりと、みているだけでも赤ちゃんとの生活が想像できて楽しくなってきます。

スタイルチェンジできるマタニティアウターも

4way以上のママコートには、赤ちゃん用の機能以外にスタイルチェンジできるものもいろいろあります。防寒に頼もしいふわふわ素材の襟を外してノーカラーのすっきりとした襟元にチェンジしたり、マタニティ期のふんわりラインをウエストリボンで絞ってエレガントなAラインにチェンジしたりなどですね。マタニティ期から抱っこ卒業後まで長く着られるので、コストパフォーマンスは抜群です。

マタニティアウターの選び方

デザインも機能も多彩なマタニティアウター。何をポイントに選べばいいのか迷ってしまいますね。素材・機能・価格の面から選び方のポイントを押さえていきましょう。

マタニティアウター選びのポイント1:素材の違い

素材 特徴
ダウン 軽くてあたたか。小さくまとめることができるので、収納にも便利
ポリエステル ホームクリーニングできるものが多く、丈夫で汚れに強い
ウール 保温性が高く、シワになりにくい
カシミヤ 手触りがなめらかで軽く、あたたかさも抜群

妊娠中は体重や体形の変化から、妊娠前に比べて肩や腰に負担がかかります。少しでも軽くてあたたかい素材を選んで、寒い時期も楽しくおでかけしましょう。マタニティアウターの素材には上の表のようなものがあり、それぞれの特徴は表に記載した通りです。

マタニティアウター選びのポイント2:機能の違い

産後に使う予定の抱っこ紐が前抱き専用の場合は2wayがおすすめです。逆に抱っこ紐がおんぶもできるものだったり、産後の生活で赤ちゃんと一緒に自転車移動をする可能性がある方は、おんぶもできる3wayタイプを選びましょう。自転車移動の際、前抱きでは道路交通法違反となってしまうので、注意してください。上の子と手をつないで歩きたい、というようなときにも、前抱きでは足元の視界が遮られてしまうことがあるので、おんぶスタイルがおすすめです。

マタニティアウター選びのポイント3:価格の違い

予算 特徴
5,000円台~ 薄手のパーカーやトレンチコート、ポンチョタイプが豊富
7,000円台~ デザインも豊富になり、ダッカー付きなど機能が充実しています
10,000円台~ きれいめダウンやウールコートなどおしゃれ着として長く着られるものが多くあります
20,000円台~ 素材・機能ともに高品質で、一生モノのアウターとしても満足できるものがみつかるでしょう

素材やブランド、デザインによってマタニティアウター・ママコートの価格はさまざまで、予算に合わせて選べます。

人気のマタニティブランド3選

シーン別おすすめのマタニティアウターは?マタニティ期以降のママのアウター選びのポイントも紹介!
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

人気ブランド1・ミルクティー(Milk tea)

店長さん自身が出産・育児を経験するなか、ママ用の服が「もっと手ごろな価格で、妊娠前みたいにおしゃれが楽しくなれれば!」との強いおもいで立ち上げたブランドです。ママ目線のこだわりいっぱいでかわいいデザインが人気です。

人気ブランド2・スウィートマミー(Sweet Mommy)

「らしくない授乳服・マタニティ服」がコンセプトのスウィートマミー。オフィスやフォーマルにも対応できるシンプルで上品なデザインが豊富です。美シルエットにこだわって、育児に仕事に忙しくても輝けるようにとママたちを応援しています。

人気ブランド3・犬印本舗

安産祈願の妊婦帯で有名な犬印本舗ですが、マタニティウェアも充実しています。創業以来100年以上、産前産後にからだが大きく変化する女性にできるだけ快適に過ごしてほしいと、ママに寄り添った商品開発で信頼されています。