人とは違う、自分もいい。
My Life「私たちの選択」

結婚する? 子どもを持つ? 仕事はどうする? 現代女性の人生は、選択の連続。そこで本特集では、自分らしく生きる女性たちの「選択ヒストリー」と「ワークライフ」を紹介します

一人暮らしをしている中でふと訪れる、不安や孤独。

そんな気持ちを軽減させるために「友達とのルームシェア」を選択し、同年代のオタク友達3人との同居生活を始めたのが、フリーライターの藤谷千明さん。

恋人との同棲や結婚ではなく、友達とのルームシェア。その生活はどんなものなのだろう。

一人が不安で“友達とのルームシェア”を選択「どんな形であれ、楽しく生きる方法を考えたい」
(画像=藤谷千明さん
1981年、山口県生まれ。高校を卒業後、自衛隊に入隊。その後多くの職を転々とし、フリーランスのライターに。ビジュアル系バンドを始めとした、国内のポップ・カルチャーに造詣が深い。著書『オタク女子が、4人で暮らしてみたら。』(幻冬舎)は、5月20日に韓国語版も発売予定。共著に 『アーバンギャルド・クロニクル「水玉自伝」』(ロフトブックス)、 『すべての道はV系へ通ず。』(シンコーミュージック)など、『Woman type』より引用)

夜泣きしていた秋の夜、「一緒に住まない?」と友人に連絡

私は現在、一軒家でオタクの女友達3人とルームシェアをしています。

ことの始まりは4年前の秋の夜です。その日、私はメンタルが落ちて夜泣きしていました。

少し前に、駅の階段から滑り落ちて肩をけがしていたんですよ。一人暮らしで体が痛いと不安になるじゃないですか。

フリーランスゆえの収入の不安定さ、前年に長年同居していたパートナーとの関係を解消したこと、それで引っ越した1Kの部屋が物であふれて散らかっていること……。

そういったあれこれも重なって、孤独を感じてしまったんです。

一人が不安で“友達とのルームシェア”を選択「どんな形であれ、楽しく生きる方法を考えたい」
(画像=『Woman type』より引用)

そんな中でSNSを見たら、オタク系のイベントで時々会う友人が「将来が不安だ」みたいなツイートをしていて。彼女はフリーランスの服飾作家。私と同じく、ちょっとしたきっかけで気持ちが不安定になったようでした。

その時に「分かるわ~」と思うと同時に、「友達とルームシェアっていいかも」とふと思ったんですよね。

誰かと一緒に住めば生活コストは下がるし、精神的な不安も軽減できる。もう一度ゼロから恋人と関係性を作るのはちょっとしんどいし、既存のシェアハウスは収納が少ないからものが多い自分には向かない。でも、友達なら関係性はすでにあるし、物件も自分たちで選べる。

そこで「一緒に住まない?」と彼女に連絡をしたんです。実現したら面白いし、無理だったらそれはそれでいい。完全な思いつきでしたが、「面白いね」とすぐに返事が来ました。

その際、「在宅ワークのフリーランス2人だけだと不安じゃないか。もう一人いた方がいい」という彼女からの的確な指摘もあり、2人とも参加しているLINEグループに声を掛けてみたんです。

それは「ちょっとしたパーティー」という名称の、趣味の友達が集まるグループ。最初は小さな集まりでしたが、友達が友達を呼び、20人ほどのグループになっていました。

そこで新たに2人が手を上げてくれて、メンバーは4人に。予定より増えたけど、多い方が家賃は安くなるし、何より楽しそう。そうして、4人でのルームシェア生活に至りました。

一人が不安で“友達とのルームシェア”を選択「どんな形であれ、楽しく生きる方法を考えたい」
(画像=『Woman type』より引用)

今振り返ると、「ちょっとしたパーティー」で会を催すときの場所の確保や予算の管理は私がやっていたので、「この人なら大丈夫かな」と思ってもらえたのかなと思います。だらしないところもあるけど、そんな弱点も含めて知ってもらえていた。

「ルームシェアもパーティーも“コミュ強”だからできる」と言われたりするんですけど、私が主催の役割を担っていたのは、自分がコミュニケーションに自信がなくて、周りの人から「楽しめてる?」と気を遣われたくなかったから。

「主催して疲れているから壁の方向いてんだな」くらいに思ってもらいたいという動機でやっていたことですが、結果的にプラスに働きました(笑)

同居していてもやり取りはLINE。1週間会わないことも

同居人の3人とは、実はそれほど親密だったわけではありません。本名や仕事は一緒に住むまで知らなかった人もいるくらい。

でも、mixiやTwitterで十数年見ているから、人となりは知っていました。魂は知っているけど、肉体のことは全然知らない。そんな感じです。

特に相手へのイメージにギャップはないし、幸いこれまでにもめ事もないですね。

生活サイクルが違うから、毎日のように顔を合わせているわけではなく、普段のやり取りはLINEグループ。それぞれ忙しいので、人によっては1週間会わないこともあります。

私もあまり部屋から出ないので、「あ、久しぶり」となることも多々。そういう意味ではルームシェア前と距離感はさほど変わらないとも言える。

日々の生活も、テレビ番組からイメージするようなルームシェア生活ではありません。

たまにみんなが気になる配信やアニメの上映会をしたり、最近だと同居人が買った『Nintendo Switch』で遊んだりすることもありますが、基本的には淡々としています。

一人が不安で“友達とのルームシェア”を選択「どんな形であれ、楽しく生きる方法を考えたい」
(画像=オタクグッズや本を収納している、倉庫部屋の共用の本棚。『鬼滅の刃』は話し合いの末、共用費で購入、『Woman type』より引用)

快適に過ごせているのは、事前にしっかり話し合いをしたのも大きかったと思いますね。生活サイクルや家事の得手不得手、持病、「トイレがめちゃ近い」みたいなちょっとしたことまで、細かく共有をしました。

ルームシェアを始めてからも、お互いに気になることはこまめに言うようにしています。「お風呂の洗剤使い過ぎじゃない?」「電気つけっぱなしだったよ」レベルの話を、もめる前に伝える。全員アラフォーの大人ということもあり、話し合いはスムーズですね。

特に私は言われなければ分からないタイプで、察するのは得意じゃない。だから「気になることは言ってくれ」と事前に言っていました。一方、察する方が気が楽な人もいるだろうから、そこは相性でしょうね。

うちの場合は、本当に今の家のノリがみんなに合っているのかなと思います。ルームシェアの向き不向きは、「そのコミュニティーのノリと価値観が合うか」に尽きるような気がしてて。

例えば同居人の一人は、「柔軟剤が大好きな人がいなくてよかった」と言っていました。

うちは全員分をまとめて洗濯するんですけど、誰も柔軟剤にこだわりがないんです。匂いの好みはあるし、洗濯は毎日のことだから結構重要じゃないですか。

だからこだわりが強かったり、人のことが気になりすぎたり、逆に自分の行動が誰かに不快感を与えてるかもしれないと考え過ぎたりする人は特に、事前にできるだけ話し合った方がいいのだろうなと思います。