本日のランキングは「胸が熱くなったバスケマンガランキング」です!

白熱した試合シーンや、チームメイトとの厳しい特訓など、青春を感じる描写に胸が熱くなるバスケット漫画。

今回は、みなさんが胸が熱くなったバスケマンガといえば!?を、アンケートを取ってランキングにしてみました。

「胸が熱くなったバスケマンガ」ランキングの結果は…?

それでは、「胸が熱くなったバスケマンガ」のランキングをcheckしていきましょう!

胸が熱くなったバスケマンガランキング
(画像=『RankinClip』より引用)

第1位:SLUM DUNK【胸が熱くなったバスケマンガ】

胸が熱くなったバスケマンガランキング
(画像=『RankinClip』より引用)

第1位は「SLUM DUNK」でした!

バスケマンガの金字塔といえば、やっぱり『スラムダンク』を思い浮かべる人も多そうですね。

バスケット初心者の桜木花道が、持ち前のセンスと根性で練習を重ねて名選手に成長していく姿や、数々の強豪校との名試合など、胸が熱くなるシーンが盛りだくさん。

日本のバスケットボール人気に火をつけた、不朽の名作です。

第2位:黒子のバスケ【胸が熱くなったバスケマンガ】

胸が熱くなったバスケマンガランキング
(画像=『RankinClip』より引用)

第2位は「黒子のバスケ」でした!

個性豊かなキャラクターが多数登場し、男女ともに大人気のバスケマンガとなった『黒子のバスケ』。

選手たちが持つシュートやパスの必殺技もユニークで、思わず真似してみたくなりますよね。

次はどんな技が飛び出すのかワクワクする試合や、少年漫画の王道を行くスポ根描写など、ついついのめり込んでしまう作品です。

第3位:リアル【胸が熱くなったバスケマンガ】

胸が熱くなったバスケマンガランキング
(画像=『RankinClip』より引用)

第3位は「リアル」でした!

過去の過ちや病気、障害などを抱えた3人の青年たちが、バスケや車いすバスケを通して自分と向き合っていく姿を描いた『リアル』。

SLUM DUNKの井上雄彦先生の作品で、迫力のあるバスケの描写に目を奪われてしまいますよね。

困難な状況や自分の運命に立ち向かっていく主人公たちの姿に、心打たれる名作です。