赤ちゃんとお散歩に行く時、おむつやミルクなどあれこれバッグに詰め込むと、意外と荷物がかさばるものです。そこで、そろそろマザーズバッグを買いたいと思っている人のために、マザーズバッグの選び方についてご紹介したいと思います。

マザーズバッグに入れる中身とは

マザーズバッグの種類と選び方、機能的でおしゃれなマザーズバッグ12選
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

子供と一緒にお出かけをするときは荷物が多くなってしまうため、たくさん入れられるマザーズバッグを活用するママが多いです。マザーズバッグに入れるものには、子供のおむつや着替えなどがあります。ミルクを飲む子であれば粉ミルクや哺乳瓶も必要になるため荷物が多くなります。お出かけが長時間になるときは子供が退屈しないようにおもちゃや絵本を入れるママも。もちろんママの財布などの荷物もマザーズバッグに入れるため荷物が多くなります。

マザーズバッグの種類

マザーズバッグの種類と選び方、機能的でおしゃれなマザーズバッグ12選
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

出産の準備品として用意する方もいるマザーズバッグ。子供とお出かけをするときには使いやすいと感じるマザーズバッグが良いでしょう。マザーズバッグには種類があります。それぞれ機能や収納力が異なるためシーンに応じて使い分けるママもいます。マザーズバッグの種類をチェックしていきましょう。

マザーズバッグの種類1:リュック

リュックタイプのマザーズバッグは背負って使うため両手が空くので動きやすくなります。子供が歩き始めるようになると子供を追いかける場面も増えてきます。動きやすいリュックタイプのマザーズバッグであれば、子供を追いかけたり抱っこしたりするのにもマザーズバッグが邪魔になるということがありません。デザインによっては男女兼用できるものもあるので、パパママが一緒に使うこともできます。

マザーズバッグの種類2:トート

マザーズバッグの形として定番とも言えるのがトートタイプです。トートタイプは容量の大きいものが多いので、荷物が多くなるときに最適です。産後すぐ~1歳頃までは荷物が多くなるため、トートタイプのマザーズバッグを愛用したというママも多いです。トートタイプのマザーズバッグは荷物が取り出しやすいのが嬉しいポイントです。ベビーカーでのお出かけならマザーズバッグをベビーカー用のフックにかけておくことができ、ママの負担も減ります。

マザーズバッグの種類3:ショルダー

肩から下げて使えるショルダータイプのマザーズバッグも人気の種類です。抱っこが多い子供とのお出かけでもショルダータイプのマザーズバッグは両手が空くので動きやすくなります。また、ショルダータイプのマザーズバッグは荷物が取り出しやすく、肌身離さずに荷物の持ち運びができるのも安心です。

マザーズバッグの種類4:2WAY・3WAYタイプ

2WAYや3WAYタイプのマザーズバッグはシーンによって使い分けることができるのでとても便利です。トート、リュック、ショルダーと1つのマザーズバッグでいろいろな使い方ができるので、いちいち他のバッグに中身を入れ替える必要がありません。例えば、ベビーカーでお出かけするときはトートの形、そうでないときはショルダーやリュックにするという使い方ができます。

マザーズバッグの選び方

マザーズバッグの種類と選び方、機能的でおしゃれなマザーズバッグ12選
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

マザーズバッグにはトートやリュックタイプなど種類があります。それぞれのバッグによって機能や使い勝手が異なるのでママの使い方に合ったマザーズバッグを選びましょう。どんなシーンで使うことが多いかを考えて、マザーズバッグを選ぶのがおすすめです。マザーズバッグの選び方についてお話していきます。

マザーズバッグの選び方1:素材

マザーズバッグはどのような素材を使っているかが重要になります。公園など外での利用には、マザーズバッグが汚れてしまうこともあります。汚れにくいナイロン素材やポリエステル素材のものであれば、マザーズバッグの手入れが簡単にできます。雨が降ってきた場合も中に水が沁み込まない素材のものを選ぶと、マザーズバッグの中身が濡れずに済むので安心して使うことができるでしょう。さらに、マザーズバッグは子供が大きくなるまで使うので、耐久性の強い素材である必要があります。荷物が多くなる場合はマザーズバッグは軽量のものを選ぶことで、荷物が重くならず負担が減ります。

マザーズバッグの選び方2:形

マザーズバッグの形はシーンによって使いにくく感じてしまうこともあるので、それぞれのメリットとデメリットをチェックして選ぶと良いですよ。トート、リュック、ショルダーとそれぞれ使い勝手が異なります。さまざまなシーンでマザーズバッグを使うというママは2WAYや3WAYのものを選ぶと、必要に応じて形が変えられるので便利です。

マザーズバッグの選び方3:ポケットの数

ほとんどのマザーズバッグにはポケットがついています。ポケットが多いマザーズバッグであれば荷物を分けて入れられるので、どこになにがあるかが分かりやすくなります。マザーズバッグの中身がぐちゃぐちゃにならずに済むので、物が見つけやすくなり取り出すときに助かります。マザーズバッグの外側ポケットは使う機会の多いスマートフォンやおしゃぶりなどをしまっておくことで、必要な時にすぐに取り出すことができますよ。

マザーズバッグの選び方4:大きさ

子供の荷物とママの荷物を入れるマザーズバッグは大きさが充分であることが大切です。収納力の高いマザーズバッグを選ぶと良いですよ。収納力が高いものでないと必要なものがマザーズバッグの中に入りきらないという可能性もあります。荷物がそこまで多くならないという場合はマザーズバッグの大きさも丁度良いものを選ぶと良いでしょう。

マザーズバッグの選び方5:子供の年齢

子供が小さいうちは哺乳瓶やオムツなどのかさばる荷物が多くなり、マザーズバッグも大きいものを使う必要があります。子供が成長すると哺乳瓶やオムツなども持ち運ぶ必要がなくなるため、マザーズバッグの大きさも少しコンパクトなものにしても良いでしょう。子供の年齢によって持ち運ぶ荷物の量が変わってくるので、マザーズバッグを選ぶときには子供の年齢にも注目してみてください。