2歳になると自主性も出てきて頭も体もぐんと成長し始めます。そんな中さらに子供を成長させてくれるアイテムが絵本。2歳の子供にはまず「絵本を好きになってくれる絵本」を選んであげましょう。人気の絵本から興味を引き出すしかけ絵本まで大紹介します!

2歳児にぴったりの絵本の選び方

2歳児におすすめの絵本はこれ! プレゼントで喜ばれる人気絵本からイヤイヤ期に使える絵本まで
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

2歳になると絵本のお話を理解したり、お話を聞いてイメージを膨らませて自分で考えたり出来るようになります。絵本に出てくる登場人物と自分を重ねて楽しんだり、全身を使って動きを真似したりと絵本に対して積極的に関わろうとする時期です。

子供が好きなものがたくさん出てきたり、絵本の動きを真似しやすかったりと子どもの興味をそそることの出来る、それぞれの子供に合った絵本を選んであげましょう。

子供の好きなものが出てくる

2歳児におすすめの絵本はこれ! プレゼントで喜ばれる人気絵本からイヤイヤ期に使える絵本まで
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

運動能力が高まってきて活発になってくる2歳は、いろいろなものに興味が出てくる中でそれぞれ「好きなもの」が出てくる時期です。かわいいうさぎやねこが好き、とにかく食べることが好き、はたらく車や電車など動く乗り物が好きなど子供によってさまざまです。

絵本にあまり興味がない子供でも「好きなもの」が出てくる絵本なら、身近に感じることが出来るので親しみやすく夢中になってくれることでしょう。絵本は子供の好奇心を刺激し、いろいろな言葉に出会う事で語彙力を伸ばすことが出来ます。また、絵本のストーリーを理解し始めると「次はどうなるの?」「何が出てくるかな?」など自分で話のその先を考える力を付けられます。

生活習慣に関することがテーマになっている

2歳児におすすめの絵本はこれ! プレゼントで喜ばれる人気絵本からイヤイヤ期に使える絵本まで
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

2歳になると大人の行動を観察し、何でも大人と同じ事がしたがるようになります。まねっこ大好きな子供には生活習慣が題材になっている絵本がおすすめです。

普段の生活で行っている食事や歯磨き、お風呂やトイレトレーニング、挨拶など日常が描かれている絵本を読むことで、まねっこ上手な2歳の子供は自然と生活習慣を身に付けることが出来ます。

2歳は魔のイヤイヤ期といわれていますが、普段は大泣きしながら歯磨きしていた子供でもすんなり歯磨きをさせてくれるようになるかもしれませんよ。絵本を上手に活用して親子共に楽しんでイヤイヤ期を乗り越えたいですね。

リズミカルな言葉の繰り返しがある

2歳児におすすめの絵本はこれ! プレゼントで喜ばれる人気絵本からイヤイヤ期に使える絵本まで
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

同じ言葉や同じストーリーが繰り返されている絵本は、覚えやすいので表紙を見ただけで簡単に内容を理解し声に出して絵本を読もうとする気持ちが生まれます。パパママがどうしても手が離せない時でも、子供だけで絵本を楽しむことが可能です。「おんなじおんなじ」「がたんごとんがたんごとん」、「じゃあじゃあ」、「びりびり」などテンポの良い擬音が使われている絵本がおすすめです。