ツインレイが既婚者なら諦める?片方が既婚者、両方が既婚者の場合は?ツインレイのステージと既婚者の場合の結末についても解説します。

運命の相手であるツインレイとは、片方もしくは両方が結婚した後に出会ってしまうことがあります。ツインレイが既婚者の場合、二人の関係はどのようになるのでしょうか。

この記事ではツインレイが既婚者の場合の関係や結末について紹介していきます。

ツインレイが既婚者なら諦める?ステージは?

ツインレイが既婚者だからといって諦めることになるとは限りません。ツインレイの関係では、出会いのステージで相手と出会うことで、男性は激しいアプローチをするようになります。初めは戸惑っていた女性も、魂が惹かれ合うことで徐々に相手を受け入れてしまうでしょう。

その後は関係に悩むようになります。相手を束縛したり、嫉妬をすることもあるでしょう。将来に不安を持ち、ぶつかり合うことも出てきます。

悩みはサイレント期間のきっかけとなります。お互いが自分自身と向き合うために必要な時期です。既婚者のサイレント期間は長く、離婚を決意することもあります。

相手への執着を捨てられると魂が覚醒し、再び一緒になることができるのです。相手への愛が無条件の愛情に変わり、既婚者という壁を乗り越えます。

ツインレイの片方が既婚者の場合

ツインレイの片方が既婚者であるのにはいくつかの理由があります。

ツインレイが出会うのは、試練を乗り越えて魂を成長させるためです。既婚者として出会うことで、普通の恋愛よりもさらに苦しんだり悩んだりするでしょう。重い試練を乗り越えることは、魂を大きく成長させることに繋がるのです。

自分と向き合うようになります。相手が独身よりも、結婚している方が葛藤が大きくなるでしょう。しかしそのことにより、深く自分と向き合うことができます。価値観の変化や、愛情について考えるのです。

ツインレイの片方が既婚者であることで、より執着心は強くなります。パートナーがいる相手に対して激しく嫉妬をし、苦しめてしまうこともあるでしょう。男性側は相手に捨てられてしまうかもしれない不安も抱えてしまいます。

ツインレイが既婚者同士の場合

ツインレイが既婚者同士なことにもいくつかの理由があります。

ツインレイとはある程度の経験を経て、魂の成長が始まった20代以降に出会います。一般的に結婚している人が多い年齢です。逆に、若いうちに出会うことはあまりありません。また結婚自体が試練であり魂の成長に必要とも言えます。

魂が結ばれているツインレイの2人には、結婚という制度は存在しません。そのような制度に従わなくても2人は強い絆で結ばれています。既婚者同士のツインレイが出会うのは、結婚という制度を超えた無条件の愛情に目覚めるためです。

お互いが既婚者同士でツインレイに出会うことは、固定観念や価値観について大きく考えるきっかけにもなります。今までの自分の考え方を変えるきっかけになるのです。