手相占いの結婚線が段違い・切り替わりでずれている時の意味とは?結婚線の近くにもう一本の線があることでどんな意味や運勢を示すのでしょうか。場合別に詳しく解説します。

人との縁は不思議なもので、一度別れても再び絆を深めることもあります。いつ誰とこのようになるかは、予想できないと思われがちですが、手相ではある程度予想出来たりします。

結婚線は人によっていろいろな現れ方をします。この現れ方が段違いになっていると復縁などを示します。

それでは、この結婚線の段違いや切り替わりについて詳しく解説していきます。

手相占いの結婚線の意味

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

小指の付け根の線と感情線との間で、横に伸びる線を指します。結婚線では結婚運の高まりや、結婚に対する関心の度合いがなどがわかります。

その人の恋愛・結婚観、結婚をする時期も知ることができます。結婚運だけでなく結婚を意識した恋愛運も示します。

結婚線の数では結婚をする回数がわかりますが、人生のパートナーを得たり、結婚を意識した恋愛をする回数にもなります。線が濃い程、結婚運や出会い運が高まり、結婚線がないと結婚願望がないとされます。