奈良県磯城郡田原本町にある「村屋神社」。アマビエ様の御朱印で有名なお寺ですが、ホームページの情報だけでは分からないところがありますよね。そこで、今回は徹底取材を行ってきました。観光や参拝前にチェックしてくださいね。

奈良県磯城郡田原本町にある「村屋神社」へ取材に⾏ってきました。「ホームページの情報だけではよく分からない」「インターネット上の⼝コミや評判だけではよく分からない」という⽅は、ぜひ参考にしてください。

取材先の神社名:村屋坐彌冨都比賣神社(むらやにますみふつひめじんじゃ) 取材する方:宮司 守屋裕史さん

どんな神社ですか?

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

村屋神社は奈良県磯城郡田原本町にあります。村屋神社という呼び方は通称で、正式名称は「村屋坐彌冨都比賣神社(むらやにいますみふつひめじんじゃ)」という、実は非常に長い名前の神社なんです。

はっきりとした創立の年代は不明ですが、宮司家の古文書には「崇神7年創始」とあり、これが正しければ、2000年以上前からこの場所に神社があったことになります。邪馬台国畿内説の最有力候補地である「纏向遺跡」の間近にあることから、日本の始まりの地といえる特別な場所に位置する神社になります。

日本書紀には、673年の天武天皇元年に起きた壬申の乱の際、当社の神主におりてきた神のお告げを大海人皇子にお伝えしたことで勝利に導き、この功績により神社として初めて位階を皇室から賜ったと記されています。

「村屋」とは神社周辺の昔の地名で、今は「森屋」と呼ばれています。地元住民の皆さんは「もりやじんじゃ」と呼んでいます。

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

当社は大物主命(おおものぬしみこと)と三穂津姫(みほつひめ)の夫婦神を祀ることから、「縁結びの神」「内助の功の神」で知られています。

村屋神社の主祭神は妻の三穂津姫です。夫の大物主命は「大神神社(おおみわじんじゃ)」の主祭神です。そのことから村屋神社は「大神神社の別宮」とも称せられています。大神神社も一緒に参拝していただくと、さらにご利益が増すといわれているんですよ。

神社の見どころを教えてください。

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

見どころは、古い歴史を背景に建てられた建造物と森との融合ですね。境内には鳥居が2つあり、「一の鳥居」をくぐると両脇を青々とした木々に挟まれます。

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

「二の鳥居」をくぐると両脇の木々の前に石灯籠が均等に並べられ、少し薄暗い参道に木漏れ日が差し、真っ直ぐに拝殿へと続いています。

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

拝殿は昭和10年に再建されました。入母屋造桧皮葺平入で、四面は格子戸、廊下で囲まれています。この拝殿の後ろに赤い本殿がございます。

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

神社を守るように繁るイチイガシの森は、 奈良盆地の原始の森の生態系を唯一維持した森で、植物学上とても貴重だそうです。奈良県の天然記念物にも指定されました。参道周辺は古くからスギの補植が行われ、森林の高さはおよそ29mに達しています。この地域では稀に見る良好な林相を示しているそうです。

原始の森は清らかで神秘的な空気に満ちています。参拝にいらした皆さんに自然のエネルギーをもたらしてくれるパワースポットであり、癒やしの空間でもあります。

また、稲作や鉄工、商売、芸能など、色々な生業の始まりの地でもあります。ぜひ悠久の歴史を感じていただきたいですね。

ご利益を教えてください。

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

日本書記に記された神話によると、高皇産霊命(たかみむすびのみこと)は、大物主命から国譲りを受けた時、その功に報いるため、そして裏切られないために、娘である三穂津姫命を大物主命に贈られたそうです。

その際、三穂津姫命は神々が住んでいた場所といわれる高天原から3本の稲穂を持って降りられ、稲作を中津国に広めて国を豊かにしたとされています。そのため内助の功にあたる神とも言われています。

これらの故事から「縁結びの神」「家内安全の神」「商売繁盛の神」として信仰されております。