海外旅行に出かけると、空港で時間を持て余してしまうという人もいるのではないでしょうか。そんなとき、楽天カードのワンランク上のクレジットカード「楽天プレミアムカード」を持っていると、国内外の空港ラウンジを無料で利用できて便利です。

ここでは、楽天プレミアムカードを持っていれば無料で申し込める「プライオリティ・パス」の魅力や、利用できる国内外のラウンジを一覧で紹介します。

楽天プレミアムカードとは

楽天プレミアムカードは、楽天カードの上位カードです。楽天プレミアムカードの年会費は1万1,000円(税込み)で、家族会員の年会費は550円(税込み)。年会費2,200円(税込み)で持つことができる楽天ゴールドカードと比べると、空港ラウンジの無料利用に回数制限がない点や、後述で詳しく紹介する「プライオリティ・パス」に無料で申し込める点、国内・海外旅行傷害保険が自動付帯になる点で優れています。

また、楽天カードと比べるとポイントの付与率もやや高く、楽天市場での買い物時に、楽天スーパーポイントアッププログラム(SPU)において最大5倍のポイントが付きます。誕生月にはさらにポイントアップするなど、さまざまなポイント優遇サービスがあるほか、海外旅行傷害保険や国内旅行傷害保険なども自動付帯しているのでメインカードとして利用しやすい魅力があります。

そして、楽天プレミアムカードならではの大きなメリットは、カードと航空券の提示のみで国内の空港ラウンジの多くを無料で使える点です。

>>「楽天プレミアムカード」の詳細を見る(公式サイトへ)

無料で利用できる国内空港ラウンジ一覧

(写真=ZinaidaSopina/Shutterstock.com)

楽天プレミアムカード会員が利用できる国内空港ラウンジは以下のとおりです。

北海道
新千歳空港・函館空港・旭川空港

東北
青森空港・秋田空港・仙台国際空港

北陸
新潟空港・富山空港・小松空港

中部
中部国際空港セントレア・富士山静岡空港

関東
成田空港・羽田空港(国際線旅客ターミナルを除く)

近畿
関西国際空港・伊丹空港・神戸空港

中国
岡山空港・広島空港・米子鬼太郎空港・山口宇部空港

四国
高松空港・松山空港・徳島阿波おどり空港

九州
福岡空港・北九州空港・大分空港・長崎空港・阿蘇くまもと空港・鹿児島空港

沖縄
那覇空港

楽天カード ハワイラウンジも使える

(写真=Tada Images/Shutterstock.com)

楽天プレミアムカードを持っていれば、上記の国内の空港ラウンジと同じように、ハワイのダニエル・K・イノウエ国際空港のラウンジも無料で使えます。

ハワイには、楽天カード会員用の「ハワイラウンジ」がワイキキとアラモアナの2ヵ所にあります。さらに、楽天プレミアムカードを持っていると、アラモアナラウンジ内の専用スペース「Premium Room」まで無料で利用可能です。この「ハワイラウンジ」では、荷物預かりや傘の貸し出し、ドリンクサービス、Wi-Fiやプリンターなどのサービスを提供しています。

ベビーカーの貸し出しや授乳室、キッズスペースもあるため、子連れ旅行で少しリラックスしたいときにも便利ですね。さらに日本語に堪能なスタッフが対応してくれるので、安心して利用できるのも魅力ではないでしょうか。

世界1,300ヵ所以上の空港ラウンジも楽天プレミアムカードなら無料

(写真=Sorbis/Shutterstock.com)

さて、ここまでは楽天プレミアムカードを持っているだけで無料で利用できる空港ラウンジを紹介しましたが、楽天プレミアムカードを持っていると、さらに「プライオリティ・パス」というサービスにも無料で申し込むことができます。

「プライオリティ・パス」とは

「プライオリティ・パス」は、航空会社や搭乗クラスに関係なく、世界各国の空港ラウンジを利用できるサービスです。この「プライオリティ・パス」に入会していると、国内の空港ラウンジに限らず、世界148ヵ国、600超の都市にある1,300ヵ所以上のラウンジを自由に利用することができます。

ラウンジの受付で会員証と航空券を提示するだけですぐに利用できるので、離陸前に気軽にリフレッシュしたり、贅沢なひとときを過ごしたりと、世界中の拠点で旅行を一層楽しむことができるでしょう。

海外の空港ラウンジも無料で利用できる

本来、このプライオリティ・パスには年会費がかかりますが、楽天プレミアムカード会員は、この「プライオリティ・パス」会員カードを無料で発行できるのです。しかも会員ランクが「プレステージ会員」となるので、各空港ラウンジをカード本人ならいつでも無料で利用できます。

海外旅行や海外出張が多く、空港の利用頻度が高い人は、これらを駆使することで楽天プレミアムカードをとてもお得に使いこなすことができるはずです。

>>「楽天プレミアムカード」の詳細を見る(公式サイトへ)

プライオリティ・パスの申し込み方法

(写真=chara_stagram/Shutterstock.com)

楽天プレミアムカードが手元に届いたら、会員用WEBサイト「楽天e-NAVI」から手続きを行います。申し込みをしてから約2週間で、簡易書留にて「プライオリティ・パス」会員カードが手元に届くという流れです。

なお、家族カード会員はプライオリティ・パスには申し込めないため、ラウンジを一緒に利用する際には「同伴者」として利用することになり、1回3,000円(32米ドル)の利用料がかかります。

有効期限は申し込み月から2年間で、自動更新はされないので契約更新には再度手続きが必要です。

楽天プレミアムカードで旅をもっと快適に

楽天プレミアムカードは、海外旅行の頻度が高い人は持っておいて損のないクレジットカードといえるでしょう。年会費はかかりますが、楽天カードよりポイントが貯まりやすいことや多くの空港ラウンジを無料で利用できることを加味すると、相応かそれ以上の恩恵も受けられるように感じます。楽天プレミアムカードを持っていれば、空の旅を一層贅沢に楽しめるようになるかもしれませんね。

文・木村茉衣(ファイナンシャル・プランナー)

【こちらの記事もおすすめ】
何が違う?クレカ、デビット、プリペイド
「セブンカード・プラス」申し込み方法
イオンカードのメリットは?
楽天カードの申し込みの流れを解説
ゴールドカードを持ったほうがお得な人