知育玩具は子供が頭を使いながら楽しく遊べる教育効果のあるおもちゃです。知育玩具は0歳から与えても効果があり、我が子へのおもちゃとしてだけでなく、知人への出産祝いや誕生日プレゼントとしても人気があります。この記事では、0歳~5歳の年齢別におすすめの商品をご紹介します。

知育玩具・知育おもちゃとは?

知育玩具のおすすめ32選! 0歳~5歳の年齢別に人気商品を紹介
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

知育玩具は、子供が遊びながら思考力や判断力、発想力といった知的能力を育てることができるおもちゃです。「積み木」や「絵本」、「ブロック」、「パズル」などが代表的な知育玩具です。知育玩具は大人が遊んでも楽しめるものも多く、家族で一緒に楽しんで家族のコミュニケーションが増やすことができるのもポイントでしょう。

知育玩具と普通のおもちゃの違いとは?

知育玩具のおすすめ32選! 0歳~5歳の年齢別に人気商品を紹介
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

知育玩具と普通のおもちゃに明確な区切りはありませんが、普通のおもちゃは単なる遊び道具である一方、知育玩具は、子供の思考力や判断力の発達を促進する効果がある点が普通のおもちゃとの大きな違いです。もちろん、子供にとっては手を使って遊び、目で見たものから刺激を受けるだけでも教育効果はあるため、普通のおもちゃにも知育の教育効果はあります。しかし知育玩具は、もともと子供の教育や成長を目的として、自分の頭で考えて工夫しながら遊ぶことができるように作られています。子供の知力向上のためには、より知育玩具が適しているといえるでしょう。

知育玩具は子供の年齢にあったものを選ぼう

知育玩具のおすすめ32選! 0歳~5歳の年齢別に人気商品を紹介
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

知育玩具は頭で使って考えるだけのおもちゃではありません。手や耳、目など五感に刺激を与えながら遊ぶことも知育玩具の教育効果です。手や耳、目を通じて受けた刺激は脳にもいい刺激を与え、乳幼児の教育に大変効果的とされています。ただし、子供の年齢によって、おすすめの知育玩具は変わります。

子供の年齢に合っていない、難しすぎる知育玩具では、せっかくの知育玩具の教育効果が十分に発揮されない場合があります。背伸びをさせすぎず、子供にあった知育玩具を与えましょう。年齢や発達に合った知育玩具なら、子供は楽しみながら遊びに集中できるので、集中力を養うこともできます。遊びながら知育玩具の効果を十分に発揮できるよう、子供の対象年齢に合った知育玩具を選ぶようにしましょう。

年齢別の知育玩具で伸ばしたい力

年齢 遊びの内容
0歳~1歳 「見る」、「聞く」、「触る」など、五感を刺激して脳を成長させる
2歳~3歳 指先を使って遊ぶ
4~5歳 手と頭を使って遊ぶ

4~5歳児向けの知育玩具はかなり思考力を必用とされるものが多いですが、0歳児はそういった知育玩具で上手く遊ぶことはできません。そのため、0~1歳児にはいろいろな色が楽しめたり、音が出たり、手触りの違いを感じられる知育玩具で脳に刺激を与えることからスタートします。2~3歳になると、積み上げたり、組み合わせたりなど、少し複雑な作業をする知育玩具を与え、4~5歳から手と頭を使って遊ぶ準備をする流れが理想的です。では、0歳から5歳までそれぞれおすすめの知育玩具を見ていきましょう。

知育玩具はレンタルするのも手

知育玩具で伸ばしたい力は年齢や子供のタイプによっても変わってきます。知育玩具をレンタルするサービスもあるので、我が子に合っているものかどうか見極めてみるのも手です。

知育玩具のおすすめ32選! 0歳~5歳の年齢別に人気商品を紹介
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)