顔の印象を大きく左右する目。とくに二重が広い大きな目って理想的ですよね♡
今も二重だけど「奥二重だから幅を広げたい」「左右対象の二重幅にしたい」という人は、多いのではないでしょうか?
今回はそんな方におすすめの皮膜式のアイプチをご紹介します。
しかもこのアイプチ、普通の透明のアイプチではないんです・・・!!

もともと二重さんには「皮膜式」がおすすめ◎

二重形成アイシャドウ
(画像=JOERAより引用)

もともと二重であっても、幅を広げたい、左右対称の二重幅にしたいという人も多いですよね。
筆者ももともと二重なのですが、顔のむくみがひどいときや、肌の調子の悪いときは二重幅が狭くなり、左右非対称になってしまうときがあります・・・(涙)
そんなときの必須アイテムが皮膜式のアイプチ!
アイプチはアイプチでも、この皮膜式というのがミソなんです。

皮膜式がおすすめな理由

二重形成アイシャドウ
(画像=JOERAより引用)

一般的に知られている接着タイプのアイプチは、まぶたをのりでくっつけて二重を形成します。
しかし、もともと二重の線がある人は、そのもともとの二重にまぶたが入り込んでしまい、新しく形成した二重線にはまぶたが入りずらい、二重線が2つできてしまうということが起こるのです。
そこで使えるのが皮膜式タイプのアイプチ。
皮膜式タイプなら、もともとの二重線に膜を作ってくれるため、そこにはまぶたは入り込まず、理想の新しく形成した二重線のみに二重ができるというわけです。

アイメイクがこれ1つ!画期的なアイテム

二重形成アイシャドウ
(画像=JOERAより引用)

そして、今回ご紹介したいのが「二重形成アイシャドウ」。
これはアイシャドウと皮膜式アイプチが合体したようなコスメです。
膜を作るのりがアイシャドウ代わりとなり、さらにアイシャドウを塗る必要がなく時短に◎
そして、アイプチで一番嫌な、アイプチしていることがバレるのり感がなくなるんです!
これはアイプチユーザーにとっては嬉しいポイントですよね♡