ハワイのB級グルメであるスパムやサイミンを解剖学のように分解し、アートにしてしまう超ユニークな新進気鋭アーティスト、ローレン・トラングマー(Lauren Trangmar)さん。 ホノルル在住、ニュージーランド人の父親とハワイ出身の日系3世の母親の間に生まれたローレンさんのアートは、『日本人の血を受け継いでいるよね!』と確信させられるディティールの細かさが特徴的だ。  生まれはニュージーランド。 2011年、東日本大震災の17日前に起こったニュージーランド沖の大地震をきっかけに、ハワイにいる母方の親戚を頼って移住。 もともとは数ヶ月の滞在の予定だったが、ハワイの素晴らしさに魅了され、そのまま住むことに決めたそうだ。 移住当時、ニュージーランドの大学でアートを専攻していたローレンさんは、ハワイ大学のグラフィックデザイン学科に転校して無事卒業。 転校だったため、通常の生徒よりも多くのアートクラスを受講しなければならなかったそうだが、その分様々な手法のアートを学び、自身の肥やしになったと前向きに語るローレンさん。 卒業とともに、ホノルル美術館でのアートショーに参加するなど、才能がすぐに見出され、以後ハワイアン航空、シャングリラ、ハワイの雑誌など多くのクライアントを抱えるフルタイムアーティストとして、多忙な日々を送っている。  ローレンさんのアートは、精密さはもちろんのこと、一昔前の図鑑や解剖学本から飛び出てきたようなオールドスクールっぽさに加え、ウィムジカルさが特徴的だ。 科学とハワイの歴史や文化から、たくさんのインスピレーションを得ている。 描かれているアートの背景も、1900年代の古い本を見つけ、ページをいくつもスキャンをしてデジタル製作したそうだ。 ローレンさんが住んでいる世界から飛び込んでくる対象物と、自身のイマジネーションを融合させて独特な世界観を醸し出している。  スパムやアロハシャツなどのアートプリントのパッケージの中には、スパムとは何か、アロハシャツの歴史などが描かれた単語カードが入っている。 「インターネットだけではなく、地元の人に聞いたり、図書館で調べたりした内容をまとめています。 ただアートを売るのではなく、教育につながる要素にやりがいや楽しさを感じています」と、ローレンさん。  ニュージランドとハワイは共に島で、それぞれユニークなカルチャーや自然環境を持っている。 「ハワイが大好…

提供・LaniLani



【こちらの記事もおすすめ】
思わず共感する40代独身女性あるある
100均グッズで宅飲みをワンランクアップ
生活費月100万円超「ご近所セレブ」の実態
旅行のお土産、いくらが適切?
あぁ、癒やされる。飼いやすいペット5選