兵庫県神戸市あたりの方言である神戸弁について一覧表をまじえて詳しく説明します。神戸弁の語尾・アクセントの特徴は?難しい?例文・かわいい告白・かっこいい方言などについても解説します。

神戸弁は近畿方言の一つで、兵庫県の南東部で使用されている方言です。神戸市限定ではなく、もう少し幅広く使われていることは案外知られていないかもしれません。

「神戸の人は関西弁を使っているのではないの?」と感じる方もいらっしゃるでしょう。近畿地方(関西)在住=関西弁という根強いイメージがあるようです。

今回の記事では、神戸弁の特徴や語尾などを紹介すると同時に例文も交えて、神戸弁の魅力について紹介したいと思います。

神戸の方言の種類

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

神戸弁は近畿地方の方言の中の一つです。近畿地方の方言というと、ほかにも京都弁、大阪弁、播州弁など、複数の方言があります。

京都弁の大阪弁も有名ですが、ひっくるめて「関西弁でしょ」と感じてしまう人も多いとか。近畿地方以外に住まう人々からすると、それぞれの違いを理解するのが難しいかもしれません。

兵庫県で使われている方言だけでも播州弁、淡路弁などいくつかありますが、一番有名なのが神戸弁です。神戸弁は神戸市限定で使われている言葉ではありません。兵庫県南東部で使われている方言として知られています。

要するに、兵庫県、神戸界隈で使われている方言は「播州弁」「淡路弁」ほか数種類と、神戸弁になります。そのなかで一番メジャーなのが神戸弁なのです。

神戸弁と播州弁の違い

響きが汚い、日本一怖い方言などと呼ばれることもある播州弁。そして、真逆のイメージをもたれているのが神戸弁です。神戸弁は、かわいらしい、おっとりしている響き、少し間延びしている感じがいいなど、人気が高いことで知られています。

播州弁は兵庫県の南西部で特に使われている方言で、特色としては関西弁と中国地方の方言が混ざった強めの訛りをもつ方言といわれています。

アクセントやイントネーションとしては、播州弁と神戸弁は同じ「京阪式アクセント」と呼ばれる発音の方言ですが、聞き手が受ける印象とはしてはかなり違うようです。播州弁は怖い、汚い、ガラが悪いといわれますが、神戸弁はかわいらしいといわれるくらいに、違っています。

神戸弁の語尾やアクセントの特徴

神戸弁の語尾やアクセントの特徴を紹介します。

神戸弁の語尾で特に有名なのは「~しとう」「~しよった」です。「何してるの?」(標準語)と訊くときに、「何しとう?」「何しよった?」になるのが神戸弁です。神戸弁でもっとも有名な語尾「しとう」「しよった」の使い方についてはこの後の段落で説明します。

神戸弁のアクセントは「京阪式アクセント」のなかに分類されています。京阪式アクセントは、京都・大阪を中心とする近畿地方、そして四国地方に分布している日本語のアクセントです。

要するに、神戸弁は京都や大阪、四国地方の方言とイントネーションが似ているということになります。そのため、「神戸弁は関西弁でしょ?」と間違われやすく、大阪弁との違いがわからないといわれるのでしょう。

神戸弁のしとうの使い方

神戸弁でもっともポピュラーなのが「~しとう」という語尾です。標準語に変換すると「~してる」を意味する神戸弁。

例えば、「今、何しとう?」は標準語では「今、何してる?」です。ほかにも、標準語の「似てるな」は、神戸弁では「似とうな」になります。

標準語で「花が咲いている」は、神戸弁では「花が咲いとう」と表現します。「やってる?」は「やっとう?」になったりもします。少し変化させながら使える便利な語尾といえそうです。

神戸弁のしよったの使い方

「~しとう」と同等に、「~しよった」もよく使われている神戸弁の語尾です。標準語では「~しそうになる」「~しかけた」という意味になる神戸弁。

神戸弁の「死によった」は、標準語に直すと「死んでしまった」と勘違いされやすいですが、「死にそうになった」が正解です。大阪弁だと、「死によった」は「死んでしまった」になりますが、神戸弁では違うので、気を付けましょう。

「ぶつかりよった」は、「ぶつかりそうになった」、「落としよった」は「落としそうになった」なので、慣れるまでは、「ぶつかった」「落とした」と勘違いしやすいので注意です。

神戸弁のよくある方言変換一覧12個

1「ほんまに」

標準語に変換すると「本当に」

【例文】ほんまに暑いね

2「うち」

標準語に変換すると「私」

【例文】これ、ほんまにうちのやった?

3「気張る」

標準語に変換すると「頑張る」

【例文】気張るのもほどほどに

4「ほかる」

標準語に変換すると「捨てる」

【例文】ゴミと思ってほかった

5「こーへん」

標準語に変換すると「来ない」

【例文】約束時間にこーへん

6「ちゃう」

標準語に変換すると「違う」

【例文】ちゃうちゃう、私とちゃうよ

7「えらい」

標準語に変換すると「大変」

【例文】えらいよ

8「なんべん」

標準語に変換すると「何回」

【例文】なんべんもやった

9「ほなね」

標準語に変換すると「じゃあね」

【例文】ほなね、また明日

10「しばく」

標準語に変換すると「殴る」

【例文】しばくぞ

11「ごめん」

標準語に変換すると「ごめん」。標準語と変わらず、謝る際には「ごめん」を使う神戸弁。

【例文】ごめん、いけへん

12「ありがとう/おおきに」

標準語に変換すると「ありがとう」。「おおきに」は目上の方には使用しません。基本的には「ありがとう」です。「とう」にアクセントを置きます。

【例文】ほんまにありがとう

神戸弁の面白い方言10個

1「いぬ」

標準語に変換すると「去ること」。犬ではないのでお間違えなく。

【例文】あの人はもういぬ

2「へたれ」

標準語に変換すると「根性なし」。全国的に使われる頻度が比較的高めな神戸弁でしょう。

【例文】あいつはへたれだ

3「いらんことしい」

標準語に変換すると「余計なことをする」

【例文】いらんことしてくださるな

4「たなもと」

標準語に変換すると「台所」

【例文】たなもとの掃除

5「ダボ」

標準語に変換すると「バカ」

【例文】あいつはダボだ

6「ワヤ」

標準語に変換すると「ダメ」

【例文】そんなやり方じゃワヤ

7「山側」

標準語に変換すると「北」

【例文】山側に枕を向けるな

8「海側」

標準語に変換すると「南側」

【例文】野菜を育てるなら海側の庭がいい

9「チャリキ」

標準語に変換すると「自転車の鍵」。チャリ(自転車)のキー(鍵)の略だと思われる神戸弁です。

【例文】チャリキをなくした

10「かしわ」

標準語に変換すると「鶏肉」

【例文】かしわを焼いて食べる