ちょっとだけ子供を預かってもらいたいと思う時、ベビーシッターを利用してみたいと思った経験がある人も多いのではないでしょうか。ここでは気になる費用とママ達が実際にベビーシッターを利用している具体的な場面についてご紹介したいと思います。

ベビーシッターとは?

ベビーシッターって子供が何歳まで利用できるの?平均費用と他の家庭での利用例
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

急な仕事が入ってしまった時や外出先に子供を連れていけない時など、保護者が不在の時に代わりに子供の面倒を見てくれる人です。必須の資格はありませんが、保育士や幼稚園教諭などの資格を持っている人もいます。自宅だけではなく指定する場所でのシッティングや発熱などの病児対応、産前産後のサポートなど最近はサービスが多様化しています。

ベビーシッターを利用できる人、条件は?

ベビーシッターって子供が何歳まで利用できるの?平均費用と他の家庭での利用例
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

0~12歳の子供を持つ家庭が対象のことが多い

ベビーシッターと聞くと乳幼児のお世話というイメージがあるかもしれませんが、多くの会社は0歳から12歳までが利用対象となっています。生まれたばかりの赤ちゃんは預かってもらえる場所が少なく、どうしたら良いか悩んでしまう家庭もありますよね。出産後の育児・上の子のお世話や家事をサポートするサービスから、塾や習い事の送迎など赤ちゃんから小学生まで希望に合わせたサービスを提供してくれます。

子供の急な病気などで保育園へのお迎えと自宅でのお世話でベビーシッターを利用したい家庭もあると思います。病気の子供のお世話をしてもらえるのかは、サービス提供会社によって違います。病児保育とベビーシッターを兼ねたサービスを提供している会社もあるので、子供が病気になったときにベビーシッターを利用したいという方は、あらかじめ病児保育も対応しているのかを調べておきましょう。

ベビーシッターの料金相場

ベビーシッターって子供が何歳まで利用できるの?平均費用と他の家庭での利用例
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

ビジターと会員で時間あたりの利用料に差がある

ベビーシッターの利用を考えた時にどのくらいの料金がかかるのか気になりますよね。多くの会社は定期的にベビーシッターを利用する方向けの会員料金と、単発で利用する方向けのビジター料金を設定しています。公益社団法人 全国保育サービス協会の実態調査報告書によると日中の利用料金の平均は会員1,795円/時、ビジター2,244円/時となっています。早朝や夜間は300円〜600円ほど割高になり、交通費は一律または実費で別途必要となります。

地域によってベビーシッターの料金は異なり、東京の基本料金の平均は2,064円/時ですが東京以外は1,678円/時となります。ビジターは入会金や年会費はかかりませんが、利用料金が少しお得になる会員になる入会金が20,000円〜30,000円、年会費が10,000円ほどかかる会社が多いです。月に50~60時間以上ベビーシッターを利用する家庭なら、会員になった方がお得になるかもしれません。福利厚生サービスで補助券や割引券を利用できる場合もあるので、勤務先が導入されているか確認してみましょう。

東京都民は年間60時間までベビーシッターの補助が受けられる

東京都に住んでいるパパママは「とうきょうママパパ応援事業」という制度を利用し、年間60時間までベビーシッター利用料金の補助が受けられるのはご存知でしょうか? 補助を受けられる金額は1時間当たり2700円で、第一子の場合は年間60時間までの支援ですが、第二子以降は年間180時間の利用補助を受けられます。

なかなか自由な時間を確保できないママがほとんどだと思いますので、こういった制度を利用し、買い物に出かける、ゆっくりできる時間を確保するなどを考えてみてはいかがでしょうか。週末は家事に追われている共働き家庭のママの利用もおすすめです。

どんな時にベビーシッターを利用しているの?

ベビーシッターって子供が何歳まで利用できるの?平均費用と他の家庭での利用例
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

ベビーシッターを利用する理由の約8割が仕事で、その中の5割程度は通常の通勤時に利用しています。昨今話題となっている保育園の待機児童問題で、職場復帰の時に保育園などの預け先が決まらずサービスを利用している方もいます。

急な残業や休日出勤の必要がある場合や、子供が病気の時に病児対応があるところで単発で利用できるのはワーキングママにとって心強いですね。仕事以外ではママが病気になってしまった時や冠婚葬祭・学校行事などの社会的理由で利用する場合もあります。

どうして一時保育ではなく、ベビーシッターを利用するの?

ベビーシッターって子供が何歳まで利用できるの?平均費用と他の家庭での利用例
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

ベビーシッターと似た、子育て世帯向けのサービスでは、一時保育があります。一時保育だと平均すると8時間あたりの利用料金が8時間で2,000円~5,000円と、ベビーシッターに比べると格段に手頃な価格で子供を預かってもらえます。では、多くママはなぜ一時保育ではなく、ベビーシッターを利用するのでしょうか?

一時保育は利用するまでのハードルが高い

一時保育については下記の記事で詳しく解説しているので、詳細は省略しますが、一時保育は利用する前に登録手続きや面談が必要となります。さらに利用前月の決まった日時に利用申し込みをする必要があり、申し込んだとしても希望者が多い場合は必ず一時保育が利用できるとは限りません。子供が病気のときは一時保育ではなく、病児保育に預けなければいけないなど、急な仕事や幼児で子供を預けなければいけないパパママには一時保育は決して利用しやすいサービスではないのです。