手相占いで生命線と頭脳線の間をつなぐ線は?生命線と頭脳線を橋渡し、生命線と頭脳線がつながっている手相などの意味について詳しく解説します。

手相は千差万別で、人それぞれによって現れ方が違います。その中で感情線と頭脳線がつながればマスカケ線になりますが、生命線と頭脳線つなぐ線が見られることもあります。一般的には努力が報われる線になりますが、向かう方向や線の勢いによって意味合いが少しずつ変化します。

それでは、この生命線と頭脳線の間をつなぐ線について詳しく解説していきます。

1. 独創線

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

始点近くで生命線と頭脳線を橋渡しするようにつなぐ短めの線を指します。小さな三角形を作ります。一般的な努力線との見極めのポイントは、生命線と頭脳線と同等の濃さで太く現れている点です。

これが見られる場合、独創性が非常に高く、普通の人が閃かないアイデアが生み出せるとされます。容易に模倣できず他の追従を許さない独自性を持ちます。創造力を発揮するクリエイティブな分野で活躍が期待できます。

人の評価を気にせず、自分のこだわりや価値観を追求します。奇抜な言動が多く変人と見なされがちで、その人に対する好き嫌いが両極端に分かれます。

2. 起業線

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

生命線から水星丘(小指の付け根)に向かう力強く濃い線を指します。一般的には財運線の一種になるので、財運線との見極めが難しいのですが、太く勢いのある実線になります。

これが見られる場合、起業の才能に優れるとされます。お金の管理能力や商才にも長けているので、経営手腕が存分に発揮され、大きな成功がつかめるはずです。何らかの問題やトラブルが生じても臨機応変に対応できます。

地道に経験を積んできた分野で、報われる可能性が格段に高くなります。新規ビジネスや隠れたニーズを探り当てることが上手です。起業センスを活かせば、世の中や時代を動かすことができます。

3. 人差し指に向かう努力線

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

生命線から人差し指に向かう努力線は、これは向上線にもなります。向上心を持って努力すれば、目標などが達成でき報われるとされます。向上心が非常に強くなり、現状に満足することはほとんどありません。野心家で目的ために手段を選ばない傾向にあり、人を押しのけて出世したりします。

プライドが高いので、自分の考えを曲げることは少なく、我を通そうとします。指導力にも優れ、積極的に人の上に立つことで大きな力が発揮できます。

人に指図することを好むので、結婚した場合、相手を尻に敷くことが多くなります。線が長い程、大きな努力ができ、つかむものも大きくなるようです。