スプラウトと言えばどんなものが思い浮かぶでしょうか?

かいわれ大根?それとも、もやし?

色んな種類のスプラウトがあるけれど、それぞれどんな違いがあるのかよく知らないという方も多いかも知れません。

スプラウトの種類によって、栄養価もそれぞれ少しずつ異なります。

そもそも、スプラウトとはどういった野菜なのか、代表的な種類や栄養価について、分かりやすく紹介していきますので参考にしてください。

スプラウトとは?

サラダのトッピングなどで見かけることが多いスプラウトは、野菜の種子・穀類・豆類を発芽させた新芽のことを言います。

しゃきしゃきとした独特の食感が人気の野菜です。

調理方法は、生のまま食べたり、加熱したりと様々。

しかも、たくさんの種類のスプラウトがあるので、調理の幅も広がります。

スプラウトにはどんな種類があるのか、どのような栄養があるのかについては、次に紹介していきます。

代表的なスプラウトとは?

スプラウトと聞くと、どんなスプラウトを思い浮かべますか?

食品スーパーへ行くと、いろんな種類のスプラウトがあるので、どれを買うか迷ってしまうかも知れません。

代表的なスプラウトの種類と、それぞれの栄養価について知識があると、選びやすくなります。

もやし

もやしは1種類ではなく、やわらかい食感の緑豆もやし・食べ応えのある豆の食感がおいしい大豆もやしなどがあります。

もやしのほとんどは水分でできており、調理方法も様々です。

さっと加熱してしゃきしゃきとした食感を楽しんだり、しっかりと加熱してしなっとした食感を楽しんだり、日本人には馴染み深いスプラウトです。

主な栄養素には、カリウム・ビタミンB・ビタミンCなどがあります。

必須アミノ酸も含まれており、低カロリーなのが特徴です。

(参考:もやし生産協会

かいわれ大根

かいわれ大根は、大根の種子が発芽したものです。

生で食べたときの独特の辛味が人気で、加熱調理にも使えます。

昔から食べられてきており、日本人の味覚によく合う人気のスプラウトと言えるでしょう。

βカロテンが豊富に含まれており、他にもカリウム・ビタミンB・ビタミンCなどが多いのが特徴で、価格も安く、サラダにも良く合います。