創業120年以上の歴史ある大手食品メーカー・カゴメ。

トマトソースから始まり、ケチャップやウスターソース、野菜ジュースなど、大ヒット商品を続々と生み出し、新しい食のあり方を提案して来ました。

そんなカゴメが、今、ヴィーガン対応の商品に力を入れていることをご存知でしょうか?

2019年7月に発売されたヴィーガン対応のレトルトパスタソース『根菜と大豆ミートのボロネーゼ』『きのこの豆乳クリーム』に続き、今年2月には新たに『大豆ミートのキーマカレー』『3種類豆のベジタブルカレー』も新発売!

その他にも『野菜だし調味料』など、ヴィーガン・ベジタリアン対応の商品開発に積極的に取り組んでいます。

そこで今回は、マーケティング本部食品企画部・商品企画グループ主任の佐藤慎哉さんに、商品開発の背景や想いについてお伺いしました。

プロジェクトのきっかけはオリンピック

ヴィーガン商品のプロジェクトを立ち上げたのはいつ頃からでしょうか?

「2018年5月に当社で『ベジタブル・ソリューション』という展示会を実施したことがきっかけでした。

『効率良く健康的に、彩り野菜をとりましょう』というメニュー提案が主眼のイベントだったのですが、新しい基軸として、ヴィーガン・ベジタリアン対応の商品も提案をしていこうと考えるようになりました。

当時は東京オリンピックを見据えて、ホテルや飲食店から『ヴィーガン対応の商品はありませんか?』という問い合わせが増えていた時期でもありました。実際ホテルなどにヒアリングをしていくと、ヴィーガン対応に困られている所が多かったんです。

我々の『ベジタブル・ソリューション』というテーマの中で、お客様の課題解決になる商品を作りたいとの思いから、ヴィーガン対応の商品に着手しました。」

なるほど、オリンピックがきっかけになってヴィーガン対応に目が向き始めたということなんですね!

「そうですね。オリンピック開催にあたって、これからどんどん外国からのお客様が増えていくという事で、ホテルやレストラン等のヴィーガン対応のサポートをしていこう、というのが経緯です。」

庄司先生協力のもと完成したパスタソース

【根菜と大豆ミートのボロネーゼ】

【きのこの豆乳クリーム】

ゼロから商品開発するにあたって、どの様に進めていったのでしょうか?

「まずは既に販売されているヴィーガン商品や、ヴィーガンメニューを提供している店舗に足を運び、どんなメニューがあるのか、どんな味なのかをリサーチしました。

凄く悩んだのは、味がベジタリアンやヴィーガンの方に受け入れられるのかという点でした。この時お世話になったのが、かねてから親交のあった野菜料理研究家の庄司いずみ先生です。

庄司先生の料理教室『ベジタブル・クッキング・スタジオ』の生徒さんにも試食して貰い、アドバイスを頂く中で、リアルな意見を参考にして商品設計を進めていきました。」

なぜパスタソースから始めたのでしょうか?

「簡単に提供出来て1食完結出来る食材で、なおかつどこのホテルやレストランでも扱っている食材となると、ご飯か麺なんですね。パスタソースはすでに当社でも沢山取り扱っていたので、第一弾として得意分野のパスタメニューから始めることにしました。」

新発売のヴィーガンカレー

2020年2月にはヴィーガン対応のレトルトカレー2種類が新発売されました!

「パスタソースの次は、どこのお店でも使っていただけるカレー作りに取り組みました。お肉の代わりに、大豆ミートやいんげん豆などでしっかりと食感を出しているので、食べ応えのある商品に仕上がっていると思います。」

【大豆ミートのキーマカレー】

【3種類豆のベジタブルカレー】