ウクレレを通し子供から大人まで、ハワイだけでなく世界中に笑顔と愛と希望を届けることを目標とし、これまで50 年以上の長きに渡り開催されてきた「ウクレレフェスティバル・ハワイ」。 2022年7月17日(日)の第52回開催を最後にその幕を下ろすことを発表しました。  アロハのシンボルとしてハワイの公式楽器にも認定されているウクレレ。 その小さなウクレレが持つ計り知れないパワーで世界中の人々をつなごうと設立者のロイ・サクマとキャシー・サクマが第一回ウクレレフェスティバルを開催したのは1971年のことでした。 年を追うごとにアロハの心は浸透し、地元ハワイだけではなく、北米やアジア、オセアニアの国々からもミュージシャンが集い、ハワイ最大のウクレレイベントに成長しました。  ロイ・サクマは、自身の人生を捧げてきたウクレレとウクレレフェスティバル・ハワイ、ウクレレを通じ出逢ったこれまでの活動を振り返り次のように語っています。 「ウクレレフェスティバル・ハワイは、皆様の多大なアロハとサポートのおかげで、50年以上の長きに渡り人々に愛され、そして国際的な親善イベントとして成功を収めました。 ウクレレメーカー、パフォーマー、エンターテイナー、様々な国からのウクレレ愛好者、学生、スポンサー、ボランティア、コミュニティ、そしてフェスティバルをサポートするために毎年カピオラニ公園に来てくださった皆様に心より感謝申し上げます」この歴史あるイベントの最終回となる「第52 回ウクレレフェスティバル・ハワイ」は、2022年7月17日(日)午後7時(ハワイ時間)より、バーチャルで開催されます。 国内外のミュージシャンやグループによる演奏、無料のオンラインウクレレワークショップ、ウクレレプレゼント、サイレントオークション、世界各国のパフォーマーによる合奏など、盛りだくさんの内容が予定されています。 最後の司会を務めるのは、もちろんロイ・サクマと、人気ウクレレ奏者ジェイク・シマブクロ。 また、フェスティバル開催に先立ち、7月10 日(日)9:30 AM – 12:30 PM(ハワイ時間)には、無料のウクレレ・ワークショップがオンラインで開催予定です。  第52 回ウクレレフェスティバル・ハワイ 主催 トニーグループ オートプレックス協力 ハワイ・ツーリズム・オーソリティ、コミュニティ・エンリッチメント・プログラム日時 2022…

提供・LaniLani



【こちらの記事もおすすめ】
思わず共感する40代独身女性あるある
100均グッズで宅飲みをワンランクアップ
生活費月100万円超「ご近所セレブ」の実態
旅行のお土産、いくらが適切?
あぁ、癒やされる。飼いやすいペット5選