ガーリックシュリンプやスパムむすび、ポケにサイミンなど、ハワイには数多くの美味しいローカルフードがあります。

なかでもロコモコは日本人にも人気があるローカルフードのひとつ。

今回は、ハワイ島にあるロコモコ発祥と言われているお店カフェ100で本場のロコモコをいただいてきました。

ハワイのローカルフード ロコモコ

ロコモコは温かいご飯の上にハンバーグとサニーサイドエッグをのせ、グレービーソースをかけたとてもシンプルなローカルフードです。

ハワイのみならず日本でもメニューに載っているレストランは多く、本来のB級グルメとして手軽に食べられるものから、高級レストランでアレンジされた高価なものまでバラエティに富んでいます。

このロコモコの誕生は1950年頃のこと、ハワイ島のヒロの町の日系レストランというのが最も有力な説です。

おなかをすかせた近隣の学生がレストランを訪れ、「これで何かおなかいっぱいになるものを作って」とポケットにあった¢25を渡して頼んだのがきっかけでした。

レストランの店主はサイミンの容器にご飯をたっぷりと盛り、ハンバーガーのハンバーグとソースをかけ目玉焼きをのせたものを学生に差し出したのがローカルフード ロコモコ誕生の瞬間です。

ロコモコ発祥の地?

ロコモコという名前の由来は、その学生のニックネーム。

彼はフットボールをプレイする学生で、大胆なプレイをすることからクレイジーを意味するスペイン語「ロコ」と呼ばれていました。

これに語呂の良い「モコ」をつけ「ロコモコ」と呼ばれるようになりました。

実は最初にロコモコを作った日系レストランは1949年ハワイ島ヒロにオープンした「リンカーングリル」です。

1964年にロコモコ発祥のレストラン、リンカーングリルが閉店すると、その20年後にカフェ100の店主はロコモコの特許を申請し「ロコモコの誕生の地」と宣伝していました。

このような歴史や、現在ハワイ最古のレストランでもあったことから、カフェ100はリンカーングリルに代わってロコモコ発祥の地と呼ばれるようになりました。