洗濯ネットは洗濯の際に衣類のしわを防いだり、衣類が傷むのを防いだりするのに便利です。正しい使い方をしないと、汚れが落ちなかったり、逆にしわになることもあるので、注意が必要。洗濯ネットのおすすめや、洗濯ネットの活用術、100均の商品もご紹介します。

洗濯ネットでどんなものを洗えばいいの?

洗濯ネットのおすすめ6選! 正しい使い方や活用術、100均の商品も紹介
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

洗濯ネットを使うと、衣類を長持ちさせたり、アイロンがけが楽になったりと、メリットがあります。洗濯ネットを使って洗った方がいいものは何でしょうか? 理由も合わせてご紹介します。

衣類(Yシャツやズボン、ストッキングなどなんでも)

洗濯ネットのおすすめ6選! 正しい使い方や活用術、100均の商品も紹介
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

YシャツやTシャツなど洗濯した時にしわができやすいもの、ニットなどの型崩れしやすいものは、洗濯ネットに入れるのがおすすめです。また、ビーズや紐、飾り付きの衣類も洗濯ネットに入れて洗うことで、他の衣類に引っ掛かりビーズや飾りが取れてしまうのを防ぐことができます。

ズボンなどの衣類も選択ネットに入れておけば、万が一ポケットにティッシュが入っていても、紙くず散乱しないので便利です。洗濯機の隙間に入ってしまうような子供の靴下や洗濯機で絡まってしまうストッキングなども洗濯ネットに入れておくといいですよ。

下着

洗濯ネットのおすすめ6選! 正しい使い方や活用術、100均の商品も紹介
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

ブラジャーなどは、洗濯ネットに入れることで型崩れしにくくなります。洗濯ネットは、ドーム型を選ぶようにしましょう。

靴、上履き

洗濯ネットのおすすめ6選! 正しい使い方や活用術、100均の商品も紹介
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

洗濯ネットを使えば、靴も洗濯機で洗うことができます。子供の学校の上履きなど、頻繁に手洗いするのは大変ですよね。洗濯ネットに仕切りがついている靴専用の選択ネットを使うといいですよ。

布団、毛布

洗濯ネットのおすすめ6選! 正しい使い方や活用術、100均の商品も紹介
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

布団や毛布を洗う場合も選択ネットを使うことで型崩れを防ぐことができます。布団や毛布用の大き目の洗濯ネットが売っているので、使っている布団や毛布のサイズに合ったものを選びましょう。

洗濯ネットの正しい使い方

洗濯ネットのおすすめ6選! 正しい使い方や活用術、100均の商品も紹介
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

洗濯ネットは洗濯に便利なアイテムですが、正しい使い方をしないと、汚れが落ちにくかったり、しわができてしまったりします。洗濯ネットの正しい使い方をご紹介します。

衣類のサイズに合った洗濯ネットを使う

洗濯ネットのおすすめ6選! 正しい使い方や活用術、100均の商品も紹介
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

衣類をたたんで洗濯ネットに入れる際、畳んだ衣類の大きさと洗濯ネットの大きさがぴったりなものを使うようにしましょう。衣類と洗濯ネットに隙間があると、洗いやすすぎの際に衣類が寄ってしまいしわになったり、傷みやすくなってしまいます。

YシャツやTシャツなどしわを防ぎたい衣類やお気に入りの服を洗濯する時は特に意識してくださいね。Yシャツはボタンをとめて畳んだ状態で洗濯ネットに入れましょう。ビーズや飾りが付いている場合は、裏返して洗濯ネットに入れるようにするといいですよ。

洗濯ネット1つに衣類1枚が原則

洗濯ネットのおすすめ6選! 正しい使い方や活用術、100均の商品も紹介
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

1つの洗濯ネットにたくさん衣類をつめてしまうと、衣類全体に洗剤が届かず汚れが落ちにくくなります。1つの洗濯ネットには1枚の衣類を入れるのを基本にしましょう。また、洗濯ネットに入れると、入れない時に比べるとどうしても汚れが落ちにくくなります。衣類の汚れている部分を外側するのもポイントです。

ひどく汚れた箇所には洗剤を付けてから洗濯ネットに入れる

洗濯ネットのおすすめ6選! 正しい使い方や活用術、100均の商品も紹介
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

食べこぼしや泥汚れなど、部分的にひどい汚れがある場合は、汚れている場所に洗剤の原液をつけてから洗濯ネットにいれましょう。それにより、洗濯ネットに入れていてもしっかり汚れを落としやすくなります。衣類が全体的に汚れている場合は、洗濯ネットや洗濯機に入れる前に、軽く水洗いをしておくといいでしょう。

洗濯ネットに入れたまま乾燥機を使わない

洗濯ネットのおすすめ6選! 正しい使い方や活用術、100均の商品も紹介
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

洗濯ネットに入れたまま乾燥機にかけると衣類全体に空気が届かず、衣類がちゃんと乾きません。一部分が湿った状態になるので、結局干して乾かすという二度手間になります。また閉めたまま衣類を放置しておくと生乾きの原因にもなるので、乾燥機を使う時は洗濯ネットから出しておきましょう。傷めたくない衣類は乾燥機付き洗濯機ではなく、浴室乾燥機や室内干し、屋外干しなどの自然乾燥で乾かしましょう。