妊婦さんの大きなお腹に花やカラフルな絵を描く「マタニティプリント」は、ベリープリントとも呼ばれ、安産祈願の意味があると言われています。マタニティプリントは自分でチャレンジする人もいます。 お腹に直接描く他にも、シールやアプリ上で描けるなどさまざまなパターンがあります。

マタニティペイント(ベリーペイント)とは?

マタニティペイント(ベリーペイント)とは? 自分でできるの? シールやアプリで簡単にできるマタニティペイントも
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

「マタニティペイント(ベリーペイント)」とは、妊娠中に大きくなったママのお腹に赤ちゃんにまつわる絵をペイントして楽しむもの。発祥は定かではないものの、もともとインドや中東地方で行われていた魔除けとして絵を書く習慣が広まったと言われています。
日本では「元気な赤ちゃんが生まれますように」と願いを込めて描き、写真を撮って残す人が多くいます。最近では妊婦という神秘的な時間を残そうと、SNSなどにアップする人も増えてきました。写真で大切に残しておくことで、将来子供が大きくなった時に一緒に見て楽しむ材料になるでしょう。

マタニティペイントはいつやるの?

マタニティペイントは、妊娠8ヶ月~9ヶ月の時にするママが多いようです。つわりも終わって体調も落ち着き、出産までゆったりと過ごす時期なので挑戦しやすいでしょう。イラストもお腹がある程度大きくなったころの方が映えます。
自分の体調と相談し、無理のない日を調整しましょう。マタニティペイントは安産祈願の意味もあるため、戌の日に一緒にやるのもいいでしょう。戌の日にマタニティペイントをして、お腹が大きくなってからもう一度挑戦するママもいます。

マタニティペイントはどんな絵を描くの?

マタニティペイントのデザインはもちろんママの好きな絵柄でかまいませんが、お腹の子をイメージして描くことが多いです。例えば、男の子であればブルーやグリーンを基調とした地球や海。女の子ならピンクやオレンジを基調とした花や蝶など。
イラストだけでなく、メッセージを添えるのもいいでしょう。写真で残した時に、その時の気持ちも一緒に伝わるため、子供への愛情がますます伝わる作品になります。お気に入りのペイントができたら、写真に撮ってリビングに飾るもよし、子供が大きくなった時に一緒に見るのもいいでしょう。きっとママの愛情が伝わるはずです。

マタニティペイントの費用はどのぐらい?

マタニティペイントはプロに書いてもらうだけなら1万円~、撮影をすると3万円~ほどが一般的な価格です。プロに描いてもらう場合は、マタニティフォトのスタジオやアーティストサロンへ直接行くか、自宅に出張してもらいます。フォトスタジオなら写真を撮る際におしゃれば衣装や小物が用意されていることもあり、ますます映える写真になるでしょう。

マタニティペイントの楽しみ方

マタニティペイントは描いて終わりではなく、さまざまな楽しみ方があります。スタンダードな方法は写真を撮ることでしょう。マタニティペイントは水性のインクを使って描くため、擦ったり濡れたりするとすぐに落ちてしまいます。なるべく綺麗な内に写真に残しましょう。自宅で撮影する場合は、お腹を冷やさないよう注意してください。写真映りにこだわりたい場合は、出張撮影を利用するのもよいでしょう。
また、「消してしまうのがもったいない」と感じるママには魚拓ならぬ人拓がおすすめです。硬く絞ったてぬぐいをお腹にかぶせ、しばらく待ってはがせば、マタニティペイントがてぬぐいに転写されます。ただしペイントのイラストや文字が反転してしまいます。
ほかにも、「お金をなるべくかけたくない」「他人にお腹を見せるのが恥ずかしい」と思うママの場合、パパや上の子供に描いてもらうのもおすすめです。パパと子供が自由な発想で描いたペイントは、プロとは違う、温かみのある仕上がりになるでしょう。

マタニティペイントの注意点

マタニティペイント(ベリーペイント)とは? 自分でできるの? シールやアプリで簡単にできるマタニティペイントも
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

マタニティペイントは、妊娠中の思い出作りに最適です。間もなく生まれる赤ちゃんに、パパもママもワクワクしていることでしょう。しかし、妊娠中のママは体調も変わりやすいため注意したい点があります。

マタニティペイントは体調と相談しながら

マタニティペイントにかかる時間は、おおよそ30分から1時間程度です。描いている間、ママはゆったりとした体勢で待っているだけで、出来上がります。しかし、ママによっては同じ体勢を長時間続けるのが負担になる場合も。途中で適度に時間を取るなどして、お腹にストレスをかけないようにしましょう。
あまりに凝ったデザインで時間をかけ過ぎないことも大切です。せっかく楽しいマタニティペイントで、体調を崩してしまっては残念な思い出になりかねません。いい思い出にするためにも、細心の注意を払って行いましょう。体調が悪くなったら、無理をせず申し出るようにしてください。

マタニティペイントに使う絵具は体に合ったものに

マタニティペイントに使う絵の具は体にあったものを選びましょう。妊娠中の肌はいつもより敏感になっていることが多いです。一般的な水彩絵の具などは皮膚に描くようにはできていないため、体に影響のある成分が含まれている可能性もあります。特にアクリル絵の具に含まれる溶剤には毒性があるため、使用は控えましょう。
どうしても使う場合は、子供が舐めても大丈夫な成分で作られてる絵の具を使います。マタニティペイントに使う場合は、「フェイスペイント用」や「ボディペイント用」の絵の具が比較的安全です。
フェイスペイント用として売られている絵の具の中には、天然ゴムテラックスを原料とした商品もあり、乾燥後に水を使わずに剥がせるのもお手頃でしょう。ただし天然ゴムは消費者庁や厚生労働省などからテラックスアレルギーについて注意喚起がされています。アレルギーの恐れのあるママは注意が必要です。
ほかにもスティックタイプや液体タイプと絵の具には様々な種類があります。スティックタイプはそのまま描けて手軽ですが、中には発色の弱いものもあり、強く書かないと色がつかないことも。絵の具は肌への負担が少ない、柔らかいものを選ぶようにしましょう。

マタニティペイントのあとは肌のケアを

マタニティペイントは水性の絵の具で描くため、ウェットティッシュや濡れてぬぐいなどで優しく擦れば落ちるものも多いです。お風呂に入って、石鹸で洗い流すのもよいでしょう。一日限定のアートメイクです。妊娠中の肌は敏感なので、安全な絵の具を使っても、肌が乾燥したり荒れる可能性があります。マタニティペイントを落とした後は、保湿クリームや妊娠線予防オイルなどを使い、お腹を保護しましょう。