ぱっつん前髪を自分で切る方法

こちらはぱっつん前髪を自分でカットする方法について紹介している動画です。

ぱっつん前髪は少しでも長すぎるとうっとうしく重たい印象になってしまうため、動画でしっかりと可愛いヘアスタイルを作るコツを学んでいきましょう。

こちらでは顔の正面はぱっつんで、両サイドは少し斜めにカットしてキュートさをアレンジしています。

まず最初に前髪の生え際を三角形に持ってくるのがポイントです。こちらもカットする部分以外の髪の毛は最初にまとめておいてからカットを始めています。

前髪の量が多い人は二回ほどに分けて少し長めにしたい両サイドは残しておいて最後にカットします。コームを定規のように前髪に対して垂直に切ることで綺麗なぱっつん前髪を作ることができます。顔の正面のぱっつん前髪は斜めにならないように気を付けてカットしましょう!

前髪を自分で切る方法とコツ!ぱっつん前髪もセルフカットで!
(画像=『lovely』より引用)

セルフ前髪カット方法

こちらの動画では前髪を最初にヘアアイロンで髪の毛に丸みを作ってからカットしていきます。

前髪のヘアセットをする女性は多いと思いますが、意外と前髪をカットするときにヘアセットのことを考えずに長さを決めてしまう人がたくさんいます。

いざ前髪のヘアセットをした時に短すぎるということが無いように、いつも前髪に丸みをつける人はカットする時にもヘアアイロンなどで癖をつけてからカットすると失敗することが少なくなりますよ。

前髪を横に流したい人も正面に下ろしたい人も参考になる動画ですのでぜひご覧ください。

前髪を自分で切る方法とコツ!ぱっつん前髪もセルフカットで!
(画像=『lovely』より引用)

ガサツ女が前髪を自分で切る方法

自分で前髪を切る方法の中でも何とも面白い題名のyoutube動画です。

ガサツな人や不器用な人でも出来てしまう前髪のセルフカットの解説動画で、とにかくわかりやすい解説が特徴です。

湿気などの影響で前髪にクセがついてしまっている人は、セルフカットで切りすぎてしまう原因になりますので注意が必要です。

まずはセンターの前髪をカットし、だいたいの長さの基準を作っておきます。自然な前髪を作りたい時はハサミを縦に持ち、刃先で少しずつカットしていきます。

眉毛と目の間ぐらいの長さに切ると、前髪をエアアイロンでセットした時なども短くなりすぎることがなくオススメです。5分もかからず前髪のカットが完成しますので、皆さんもチャレンジしてみましょう!

前髪を自分で切る方法とコツ!ぱっつん前髪もセルフカットで!
(画像=『lovely』より引用)

前髪を自分で切る時に切りすぎた時のアレンジ方法をご紹介!

前髪を自分で切る時の方法をyoutubeからご紹介しましたが、初めて前髪をセルフカットする人は失敗してしまうこともあるかもしれませんよね。万が一前髪のセルフカットに失敗してしまった時はどうすれば良いのでしょうか?

前髪のセルフカットを初めてする人は、左右のアシメが斜めになってバラバラになってしまったり、シースルーの前髪を作ろうとしてすき過ぎてしまうこともよくあります。

前髪を自分で切る方法とコツ!ぱっつん前髪もセルフカットで!
(画像=『lovely』より引用)

前髪のカットを失敗して斜めになってしまった時に、その長さを整えようとして少しずつカットを進めてしまうと、いつの間にか前髪をカットしすぎてしまっていたりしてどんどん理想のヘアスタイルから離れてしまうことになります。

最後は前髪のセルフカットを失敗してしまった時の上手なアレンジ方法についてご紹介していきます!前髪が斜めになったりシースルーの前髪を作るのに失敗してしまった時の万が一の対処法をぜひ覚えておきましょう!

前髪を自分で切る方法とコツ!ぱっつん前髪もセルフカットで!
(画像=『lovely』より引用)

前髪を自分で切る時に失敗した時(1)前髪を上げてしまう

前髪を自分で切る時に失敗した時は、前髪を上げてしまうのもオススメです。

ポンパドールなど前髪を全て上げてしまうヘアスタイルにすると、前髪が斜めになっていてもシースルーの前髪作りに失敗してしまっても全く気にならなくなります。また前髪のアシメが乱れていても前髪が伸びるまではそれを目立たせることなく乗り切ることが可能です。

ポンパドールなどの前髪を全て上げてしまうヘアスタイルは、小顔効果がありすっきりと上品なイメージになり、接客の仕事をしている人や主婦の人にもおすすめです。

前髪が斜めになっていたりアシメが揃っていない時は、ぜひ前髪を全て上げてすっきりとおでこを出すヘアアレンジを試してみてはいかがでしょうか。

前髪を自分で切る時に失敗した時(2)ピンで留める

前髪を自分で切る時に失敗した時の2つめのアレンジ方法は、ピンで留めることです。

ポンパドールのように前髪を全部上げてしまうヘアスタイルのアレンジ方法は少し派手な女性がするヘアスタイルのイメージもあるため、イマイチ前髪を全部あげるのに自信がない人は前髪をピンでサイドに留めるのも良い方法です。

前髪が斜めになったりアシメがそろっていなくて不格好になっていたとしても、長さが十分にない前髪でもピンで留めておけば失敗が目だちにくくなります。

ピンは子供っぽいと思う人もいるかもしれませんが、今は上品でオシャレヘアピンがたくさん販売されています。自分の容姿や年齢に合ったものを幾つか揃えておくと安心ですね。

前髪のセルフカットをしてアシメがずれていたり斜めになってしまっているのをそのまま下ろしていると、どこかみすぼらしい印象になることもありますので、できる女をアピールしたい時はセルフカットのミスを上手にカバーしたいものです。

シースルーの前髪を作るのに失敗した場合も、可愛いヘアピンなどがあれば簡単にアレンジすることができますのでぜひお試しください。

前髪を自分で切る方法とコツ!ぱっつん前髪もセルフカットで!
(画像=『lovely』より引用)