こんにちは!3児母で整理収納アドバイザーの青山あきよです。お家時間が増えた今、お部屋をもっと素敵にしたい!と思う方は多いのでは?そんな時、新たに雑貨を飾ろうか…収納用品を買おうか…何かが足りない気がしてついつい“足し算”を考えがちではないでしょうか。ですが、空間の質を上げるためには実は“引き算”も効果的なんです。そこで今回は、すぐに真似できる、お部屋を素敵に整えるポイントを3つご紹介させていただきます!

1.“モノ”を減らそう

今すぐマネできる!プロが教える「お部屋を素敵に整えるコツ」3選1.jpg
(画像=michillより引用)

床の上やカウンターになんとなく置いているモノや、壁や冷蔵庫についつい貼りがちな紙物。

ひとつひとつはなんてことの無い小さなモノですが、積み重なるとお部屋の環境や印象に大きく影響します。

床に直置きするならスペースを限定して、壁や冷蔵庫も面を限定して、使う場所と使わずに空けておく場所のメリハリが大切です。

今すぐマネできる!プロが教える「お部屋を素敵に整えるコツ」3選1.jpg
(画像=michillより引用)

そのためにはモノの量を見直すことが必要不可欠。

モノを減らして生まれる余白は、それだけでお部屋を素敵に見せてくれます。 筆者宅ではモノを置いてしまいやすい場所にあえてグリーンを飾って、ちょい置きを防止しています。

2.“情報量”を減らそう

今すぐマネできる!プロが教える「お部屋を素敵に整えるコツ」3選1.jpg
(画像=michillより引用)

派手な色やデザイン、色々な視覚的情報が溢れすぎるとなんだか落ち着かなかったり、知らず知らずのうちに疲れてしまうことも。

まず色に関しては、基本となるカラーを3つくらいに決めるとグッとお部屋にまとまりが出ますよ。決めきれない場合はリビング・寝室・洗面所など場所ごとにテーマカラーを変えても楽しいですね。

今すぐマネできる!プロが教える「お部屋を素敵に整えるコツ」3選1.jpg
(画像=michillより引用)

また洗剤や調味料などは、お店に並べた時に目立つよう主張の強いデザインが多いです。

そういった物はお好みの容器に詰め替えるのももちろん効果的ですが、そこまでするのが面倒な場合はラベルを剥がすだけでも印象は随分変わりますよ。