妊婦でも、自分や他の人が運転する車に乗る際にシートベルトが必要なのか疑問に思いませんか? 自己判断でシートベルトをせず車に乗ってしまうと、法律違反になるので気をつけましょう。妊婦が車に乗る際、シートベルトは必要なのか、マタニティーシートの活用について解説します。

妊婦も車のシートベルト着用が義務付けられている

妊婦もシートベルトは必要? 着用方法は? シートベルトが苦しい時は? マタニティーシートって?
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

妊娠中でも、車に乗る際はシートベルトの着用が必要です。「お腹が苦しいから」という理由でシートベルトをしないのはNG。自分だけでなくお腹の赤ちゃんを守るためにも、必ずシートベルトを着用しましょう。妊婦がシートベルトを着用することは法律(道路交通法第71条の3)でも義務付けられており、違反すると罰則が与えられます。

車のシートベルト未着用の罰則

シートベルト装着義務違反 一般道路の違反点数 高速道路の違反点数
運転席・助手席 1点 1点
後部座席 なし 1点

運転席・助手席でシートベルトをしていなかった場合、一般道・高速道路どちらも、1点の違反点数が付きます。後部座席の場合は、一般道は口頭注意、高速道路は1点の違反点数が付きます。反則金はありませんが、乗車位置・一般道高速道関係なく、車に乗る際は妊娠中でも必ずシートベルトを着用しましょう。

妊婦のシートベルト着用の重要性

妊婦もシートベルトは必要? 着用方法は? シートベルトが苦しい時は? マタニティーシートって?
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

日本では年間1~7万人の妊婦が交通事故で負傷しています。約千人~1万人の胎児が流産・早産となり、約40人の妊婦が死亡しています。事故時におなかの赤ちゃんが受ける影響は、50~70%は胎盤剥離、20~40%は母体の危篤・死亡、10%以下が子宮破裂によるものです。妊婦がシートベルトを着用することで、衝撃があった時の子宮内圧が上昇するのを抑え、交通事故による母児障害の危険性を軽減できることがわかっています。

妊婦が車の運転でシートベルト免除されるケースはある?

妊婦もシートベルトは必要? 着用方法は? シートベルトが苦しい時は? マタニティーシートって?
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

妊婦が車の運転をするときに、シートベルトの着用を免除されるケースがあります。道路交通法施行令第26条の3の2第1頂では『座席ベルトおよび幼児用補助装置に係る義務の免除』について記載されています。

妊婦のシートベルト着用が免除されるケースは、多胎妊娠の妊婦、大量出血などで緊急を要する妊婦、陣痛が始まった妊婦などが考えられます。