生理予定日を過ぎても生理が始まらないとき、「妊娠したかも?」と思って妊娠検査薬を使う場合もありますね。妊娠検査薬の結果が陰性でも生理が来ない場合、どんな原因が考えられるのでしょうか。病院受診の目安や、後から検査薬の結果が陽性になったママの体験談も紹介します。

監修者紹介

【医師監修】妊娠検査薬の陽性、陰性判定の仕組みは? 陰性なのに生理が来ないのは? 病院受診の目安も解説

監修:産婦人科医 新村朋美先生

産婦人科専門医・母体保護法指定医。東京都多摩市の産婦人科「赤枝医院」で多くの女性の妊娠・出産・健康をサポートしています。プライベートでは2人の男の子のママで、生活に寄り添ったアドバイスや解説が魅力です。

妊娠検査薬はいつから使えるの?

【医師監修】妊娠検査薬の陽性、陰性判定の仕組みは? 陰性なのに生理が来ないのは? 病院受診の目安も解説
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

生理が本来の生理予定日よりも遅れていて、妊娠の可能性がある場合、市販の妊娠診断補助試薬(以下、一般的な呼び方の妊娠検査薬とする)を使えば自宅でも簡単に妊娠しているかどうかを調べることができます。妊娠検査薬は、生理予定日の1週間後が使用する目安です。
妊娠検査薬はドラッグストアなどで販売されていますが、対面での購入が恥ずかしいときはネットショップで買うこともできます。
妊娠検査薬はどういった仕組みで妊娠がわかるのか、なぜ生理予定日の1週間後から検査が可能なのか、詳しく見てみましょう。

妊娠検査薬の陽性、陰性はhCGというホルモンで判定する

【医師監修】妊娠検査薬の陽性、陰性判定の仕組みは? 陰性なのに生理が来ないのは? 病院受診の目安も解説
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)は受精卵が子宮内膜に着床して胎盤が形成されはじめるとすぐに分泌されるホルモンです。卵巣からエストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンを作るよううながして、次の排卵を止めて妊娠の維持に重要な働きをします。
妊娠検査薬は尿の中に含まれるhCGを検出し、発色反応で知らせてくれるものです。
妊娠検査薬に尿をかけ、尿中にhCGが存在すれば判定窓に色つきのラインが出て「陽性=妊娠」、hCGが存在しなければラインが出ず白いままで「陰性=妊娠していない」という判定結果です。

妊娠検査薬とhCGの濃度の関係

【医師監修】妊娠検査薬の陽性、陰性判定の仕組みは? 陰性なのに生理が来ないのは? 病院受診の目安も解説
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

hCGは受精卵が着床して胎盤が形成され始めるとすぐに分泌され、生理予定日頃から尿中に排出され始めますが、通常の妊娠検査薬で検出できるくらいの濃度になってくるのが、生理予定日の1週間後あたりです。
生理周期が28日の人は、前回の生理開始日から35日後に検査をすると良いでしょう。生理周期が不順で、目安となる前回・前々回の生理開始日がわからない場合には、性交日の3週間後が妊娠検査薬を使用する目安です。