何となく不安を「見える化」
心のモヤモヤ解消塾
オンライン学習プラットフォーム『Udemy』講師・正木美奈子さんが、働く女性のための「不安のコントロール術」を紹介。モヤモヤ、イライラ、不安な気持ちをセルフマネジメントするコツを学びましょう

皆さん、こんにちは! オンライン学習プラットフォーム『Udemy』講師の正木美奈子です。2020年からセルフマネジメント関連の講座を担当しています。

突然ですが、今日の気分は何色ですか?

ピンク、イエロー、ブルー、グリーンなど、さまざまな声が聞こえてきそうですね。

その中でも、「どんよりとした色が浮かんできた!」という人は、何となく不安やモヤモヤした気持ちを抱えているかもしれません。

そんなあなたのために、少しでも心地良い毎日を過ごすためのヒントをお伝えしていきます。

なぜ私たちは未来に不安を感じるのか?「自分らしく生きる」ことを諦めてしまう女性たちの心理

【記事執筆者】
正木 美奈子さん

世界180カ国で事業展開する外資系通信会社にてプロジェクトマネジャー、管理職として15年以上勤務。本社スウェーデンで働く機会を得たことで、女性のキャリアや効率的・効果的な「働き方」「ワークライフデザイン」の重要性を考え始める。現在はプロジェクトマネジメント・組織運営、スウェーデンをはじめとする異文化でのビジネス・生活経験を生かし、豊かな人生・働き方を得るための、単なる「時短」に終わらない「タイムマネジメント」、「ダイバーシティー」「北欧の働き方とライフスタイル」など、グローバルな視点から企業・起業家に向けて支援を行う。また、オンライン学習プラットフォーム『Udemy』では、不安コントロール、時間管理・ビジネスマネジメント・ビジネススキルなどのジャンルで講師を務める

人は「見えないもの」「分からないもの」に不安を感じてしまう

皆さんは、昔話の『一休さん』に出てくる「屏風の虎」の話をご存じですか?

将軍さまが一休さんに「屏風に描かれた虎が夜な夜な屏風を抜け出して暴れるので退治してほしい」と伝えたところ、一休さんは「では捕まえますから虎を屏風から出してください」と切り返した、という話です。

なぜ私たちは未来に不安を感じるのか?「自分らしく生きる」ことを諦めてしまう女性たちの心理
(画像=『Woman type』より引用)

今日はこの話を、少し別の角度から見てみましょう。

ここでは、将軍さまが退治してほしいと思ったのは虎でしたが、あなたにとっての「虎」は何でしょうか。

聞き方を変えると、あなたが怖いと思うものや、不安に感じているものはなんですか? という質問です。

「それが分かれば苦労しない!」という声が聞こえてきそうですが、先ほどの虎退治と同じように、あなたが不安に感じていることをまずは「見える化」してあげることが重要です。

なぜなら、人は「見えないもの」に不安を感じるものだから。

例えば、将来のこと。

年金はいくらもらえるんだろう? 結婚はどうしよう? これから物価が上がりそうだけど給料は上がるのかな? 両親はいつまで健康でいてくれるかな……? 「将来」に対しての不安やモヤモヤをあげ出すと、切りがありませんよね。

なぜ私たちは未来に不安を感じるのか?「自分らしく生きる」ことを諦めてしまう女性たちの心理
(画像=『Woman type』より引用)

これらの共通点は、「不確実」ということです。

特に現在は、VUCAの時代(Volatility・Uncertainty・Complexity・Ambiguityの頭文字を取った造語で、社会やビジネスにとって、未来の予測が難しくなる状況のこと)で、何が起きてもおかしくない「予測不能の時代」だと言われています。

新型コロナのパンデミックが起きたり、世界情勢が不安定になったり。「まさかそんなことがあるなんて」と言いたくなるようなことが立て続けに起こっています。

通常、人の脳は何か危険を察知すると、「安全装置」を作動させます。

それにより、例えば、強盗に襲われそうになったら逃げるとか、大地震が起きたら机の下に隠れるなどの行動を即座にとることができます。

これは私たちの脳に蓄積された膨大なデータから、脳が瞬時に判断をして、危険から身を守るための行動をとるように信号を送るからです。

これらのデータは自身の経験から学ぶものもあれば、テレビや映画で見たもの、本で読んだものなども含まれます。

この脳の「安全装置」の作動により私たちは守られてもいるわけですが、予測不能の時代においては、それを判断するだけの情報が不足している可能性があるのです。