今回は末っ子男子と恋愛するには?今回はどう攻略をしたらいいのかを紹介します!末っ子男子攻略のために、末っ子男子の性格や特徴をまとめました。末っ子男子の好きなタイプを把握して、末っ子男子との恋愛を完全攻略してしまいましょう!

末っ子男子は可愛いのが魅力!

末っ子男子との恋愛完全攻略!性格や特徴・好きなタイプを解説!
(画像=『lovely』より引用)

あなたはどんな男性がタイプでしょうか?あなたのイメージする末っ子男子とはどんなタイプでしょうか?なんとなくわがままな気がするという女性もいるでしょう。

今回は末っ子男子の性格や特徴はもちろん、どうしてモテる男子なのか、そのキュンキュンポイントや恋愛攻略法までまとめました!

末っ子男子の可愛い魅力を理解して、あなたの恋愛の幅を広げていきましょう!

末っ子男子の生態!12の性格や特徴

末っ子男子との恋愛完全攻略!性格や特徴・好きなタイプを解説!
(画像=『lovely』より引用)

それでは早速、末っ子男子の生態をチェックしていきましょう。モテる男子だと言われる末っ子男子には、どんな性格があるのでしょうか。

末っ子男子の魅力もわかる、末っ子男子あるあるの特徴をみていきます。

特徴①甘えん坊

末っ子男子の性格は、甘えん坊であるという特徴があります。末っ子というくらいなので、末っ子男子には兄や姉がいます。末っ子男子は、兄や姉に守られて育ってきたのです。

末っ子は何故か、親から甘やかされて育つとも言われています。兄や姉が「年上なんだから我慢をしなさい」と言われるのに対して、「末っ子なんだから我慢しなさい」とはあまり言われないのです。

我慢をすることなく、甘やかされて育ってきたこともあり、成長してからも甘えん坊であるという特徴があります。

特徴②わがまま

甘やかされて育ってきたということもあり、末っ子男子はわがままな性格であるという特徴もみられます。家族の中で自分の意見を通してきたという末っ子は、家から出ても自分の意見を通そうとするのです。

自分がこうしたいという意見が通らないと、全身で反論をするというわがままな一面もあります。いつもはとてもいい人なのに、突然わがままになるということも少なくありません。

親しくなればなるほど、わがままになるようです。親しい人は自分の家族と同じように、わがままを聞いてくれる人だと思ってしまうのです。

特徴③自由奔放

末っ子男子は、自由です。長男の場合、親の期待を背負うことが多く、責任感が強くなったりします。しかし末っ子男子になると、親もどちらかというと放任主義になっていきます。「あなたの自由にしていい」という環境を与えます。

その結果、大人になっても自由奔放になっていくのです。自分のしたいように行動をします。基本的なルールや法律などは守りますが、手順通りというようなことは苦手です。

我流やマイルールが大好きで、自分らしく生きることが全てだと考えるような性格をしています。

特徴④寂しがり

わがままで自由奔放なので1人でいることのほうが好きなのではないかと思われてしまいますが、寂しがりであるというのも末っ子男子の性格の特徴です。

兄弟の中で育ってきている末っ子男子は、1人でいることが嫌いです。いつも誰かが傍にいてくれた環境で育っているので、自分の周りに誰もいないと不安を感じてしまうのです。寂しがりなので、わがままではありますが、友達が多いのも特徴です。

わがままなのに寂しがりというギャップに、キュンとなってしまう女性もいるようです。

特徴⑤観察力がある

観察力があるというのも、末っ子男子の特徴です。兄や姉などの兄弟がいる末っ子男子は、子供の頃から、どんなことをすると人から褒められたり喜ばれたりするのか、どんなことをしたら怒られてしまうのかを観察しています。

親がこういう態度をしているときは嬉しいと思っている、こういう言葉を使うときは悲しんでいるということを観察してきたのです。兄弟が多いほど、その傾向は強いようです。

大人になってからも、相手がどんなことでどういう態度をとるのか、ついつい観察をしてしまうという特徴があるようです。

特徴⑥実は負けず嫌い

生意気に感じることも多いというのが、末っ子男子の特徴です。末っ子男子を生意気に感じてしまうのは、負けず嫌いな性格のためです。実力が無いようなことでも、果敢にトライしようとするところがあります。

末っ子男子は甘やかされて育っていますが、兄弟と比べられることも多かったという特徴があります。「お兄さんは運動ができるのに」とか「お姉さんのように勉強しなさい」など、自分の悪いところを兄弟とイチイチ比べられてきたのです。

兄や姉には勝てないからと口では言いながら、努力や頑張りを評価してもらえなかったことは悔しく感じていることもあるようです。

特徴⑦要領がいい

要領がいいというのは、末っ子男子の大きな特徴になります。例えば目上の人や、社会的に地位が上の人に取り入るのが上手いという特徴があります。褒められることは積極的にするけれど、失敗する可能性があることには手を出さないというような面もあります。

末っ子男子の観察力と、甘えん坊なところが、要領がいい性格を作っています。末っ子男子は、どうしたら相手に上手に甘えることができるのか、相手を不快な気持ちにさせないのかを心得ているのです。

特徴⑧優柔不断なところも

相手に取り入ることが上手な末っ子男子ですが、ときどき優柔不断なところがあるという特徴があります。末っ子男子は家族の中では一番若いため、大切な決断をしてきた経験がありません。大切な決断は、兄弟や親がしてくれていたのです。

自分のことに関しての決断は早くできます。自分がやりたいことや欲しいものに関しての決定は早いのです。

しかし仕事の結果を左右するような決断など、絶対に失敗することができないことや、誰かを犠牲にしてしまうかもしれない決断を迫られた時、優柔不断になってしまうこともあるようです。

特徴⑨争うことは嫌い

末っ子男子の性格には、争うことは嫌いであるという特徴もあります。末っ子男子の多くは、喧嘩をしても自分が謝ることなく成長してきています。喧嘩をしたら、折れるのは兄や姉の方だったのです。

喧嘩をして謝った経験が少ないので、喧嘩をしてどちらも折れないときにどうしたらいいのかわからないのです。謝ることができないから、争うことは嫌いです。

兄弟からも甘やかされて育ってきた末っ子男子の場合、そもそもどうやって喧嘩をするのか知らないという場合もあるようです。

特徴⑩他人には厳しい

他人には厳しいというのも、末っ子男子の性格の特徴です。嫌な性格をしていると思われてしまうかもしれませんが、兄や姉がいる環境で育ってきている末っ子男子は、周りの人は自分よりデキて当たり前だと思っているところもあるのです。

自分ができることなら、他人はできて当然だと思っているところがあるので、自分ができることができない人がいると、「どうしてこんなこともできないんだ」と感じてしまうのです。

特徴⑪年下は苦手

末っ子男子は年上の人とは上手に関係を築いていくことができますが、年下は苦手であるという特徴もあります。兄弟の中で一番下だったこともあり、自分が一番下ではないというのが落ち着きません。

年下や後輩をどう扱ったらいいのかわからないのです。嫌いなわけではないけれど、キツく当たってしまったり、変な先輩風をふかしてしまうことがあるのも、年下にどんな態度をとったらいいのか、よくわかっていないことが原因になるようです。

特徴⑫子供扱いされるのは嫌

年下は苦手な末っ子男子ですが、自分が子供扱いされることは嫌いであるという特徴もあります。年齢的には一番下がいいと思いながら、「〇〇君は、一番若いからね」「〇〇君はやっぱり子供っぽいね」などを言われるのが嫌なのです。

子供っぽいと思われたくないという気持ちがあるので、クールなイメージにしようとする末っ子男子もいるようです。そんなところが可愛かったりするのかもしれません。