ツインレイの誕生日の計算方法は?どんな計算式で算出することができるのでしょうか。生年月日診断で相手との関係を確認してみてください。誕生日の日にちが同じ・真逆など場合別の意味も解説します。

ツインレイと言えば、あなたと同じ魂を分けた存在です。いつか出会える日を楽しみにしているという人も多いでしょう。そんなツインレイですが、実はあなたの誕生日と相手の誕生日がわかれば、ツインレイだと判断できる場合があります。

そこでこの記事では、ツインレイの誕生日計算方法などについて解説していきます。

ツインレイの誕生日計算方法

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

ツインレイを誕生日から割り出すためには、まずあなたと相手のソウルナンバーを計算する必要があります。

計算方法はまず、生年月日の数字を全て加算していってください。そしてその答えが二桁となった場合はさらにその答えが一桁になるまで足します。以下がその例です。

<例①:1992年10月12日の場合>

1+9+9+2+1+0+1+2 = 25 2+5 = 7

<例②:2000年1月3日の場合>

2+0+0+0+1+3 = 6

例①の場合、ソウルナンバーは7です。例②の場合、ソウルナンバーは6となります。

ただし、数字を足したときに「11」「22」「33」「44」というように、ゾロ目になった場合、この数字がソウルナンバーとなります。この数字はマスターナンバーと呼ばれる特別な数字ですので、計算を間違えないようにしましょう。

ツインレイの可能性が高い誕生日

ツインレイの可能性が高い誕生日は、先ほど計算したソウルナンバーが同じ、または近い数字である場合です。

例えば、ソウルナンバーが6の人の場合、5、6、7のソウルナンバーを持つ人がツインレイである可能性が高くなります。

また、誕生日が同じ、近いというのも、ツインレイの可能性が高いです。誕生日が10日違うという場合でもツインレイの可能性があるため、安心してください。

生年月日の数字が似ていたり、反転していたりする場合もツインレイの可能性があります。例えば、1992年5月8日と1995年8月2日だと、数字が入れ替わっているだけとなりますよね。1992年5月8日と1998年8月5日も数字が似ているため、ツインレイの可能性があります。

誕生日がちょうど半年違うという場合もツインレイの可能性があります。日付が離れていればツインレイではないというわけではないため、しっかりチェックしてみてください。

また、あなたの家族や相手の家族と誕生日が近い、同日という場合もツインレイの可能性があります。ソウルナンバーが同じ場合もやはりツインレイの可能性があるため、確認してみてください。

誕生日の日にちが同じ場合

誕生日の日にちが同じ場合、ツインレイの可能性がかなり高いです。誕生日が同じであればツインレイの可能性が高いということは、誕生月も同じほうがいいと考えるかもしれませんが、完全に誕生日が一致してるとツインレイの可能性は低くなります。

まったく同じだと、同じ属性となるため、お互いを助け合うことができません。誕生月だけが違えば、似た性質で互いの違う部分を補える関係となるため、ツインレイの可能性も高くなるのです。

誕生日が似てる場合

誕生日が似ている場合も、ツインレイの可能性が高いです。誕生日が一日違いであったり、近い誕生日であったりすれば、同じ性質を持った相手となるため、ツインレイの可能性があるのです。

この誕生日の差が一ヶ月以内であれば、似てるということになります。相性の良い相手ですので、ツインレイかもしれないと思っておくと良いでしょう。

誕生日が近くない場合

誕生日がまったく近くなく、他の共通点もないという場合、ツインレイの可能性は低いです。ただし、ソウルナンバーを調べてみたら一致していたという場合や、あなたの家族や彼の家族の誕生日と同じだったという場合もあります。

その場合、ツインレイの可能性があるため、近くない場合はそのような部分を調べてみると良いでしょう。

誕生日が真逆の場合

11月2日と2月11日というように、誕生日が真逆の場合、ツインレイの可能性が高いです。この二つの誕生日は正反対であり、ペアになっているようにも見えますよね。

ツインレイは魂のペアとなる相手ですので、これはかなり相性が良いということになります。

誕生日が半年違いの場合

誕生日が半年違いの場合も、ツインレイの可能性が高いです。半年違うということは、真逆の誕生日となりますが、ツインレイはそれぞれが真逆の性質を持つこともあります。

それぞれに違う部分があれば、それを補い合うことができますよね。性質は違っても相性が良い相手となるため、ツインレイの可能性も高いのです。