人とは違う、自分もいい。
My Life「私たちの選択」

結婚する? 子どもを持つ? 仕事はどうする? 現代女性の人生は、選択の連続。そこで本特集では、自分らしく生きる女性たちの「選択ヒストリー」と「ワークライフ」を紹介します

有村架純さん主演で映画化もされた『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』(KADOKAWA)のモデルとして一躍有名になった「ビリギャル」こと小林さやかさん。

今年34歳になった彼女は、2022年の秋からコロンビア教育大学院に2年間留学し、教育心理学を専攻すると発表した。

30代になってからも仕事は順調、プライベートでは再婚も果たし、次のライフステージを見据えた生活を始めたところだった。

一体なぜ、このタイミングで留学することを決断できたのだろうか。

「日本の大人を変えなきゃダメだ」講演活動で感じた限界

この秋からコロンビア教育大学院に進学することになりました。

今、私は34歳。仕事や家庭、これから訪れるかもしれない出産のことなどを考えると、この年齢から2年も留学するなんて……と思う人もいるかもしれません。

私自身、留学への憧れはありつつ、もう30代だしとか、英語も全然できないしとか、できない理由ばかりを探してやる前からあきらめていた時期がありました。

「手放さなければ、得られない」元ビリギャル・小林さやかが34歳で2年の留学を決断できた理由
(画像=『Woman type』より引用)

それでも今回チャレンジしてみようと思ったのは、私自身が学ぶことで、私にできることがもっと増えると確信したから。

「ビリギャル」としていろいろな方に話をきいてもらえるようになって、私の人生はがらりと変わりました。

この7年で行った講演回数は500回以上。講演を通じて私の話を聞いてくださった方の人数は25万人を超えています。

日本全国、時には海外の学校にも赴き、たくさんの児童、生徒たちの声を聞く中で感じたのは、何かに挑戦する前から「自分には無理だ」と決めつけてしまっている子どもたちの多さです。

そして、それは周りの親や先生など、日頃から接している大人たちの影響が大きいということでした。

「あなたには無理」「やめておきなさい」そういう言葉を大人たちから日々浴びせられることで、自分の可能性に蓋をしてしまう子が本当にたくさんいるんです。

振り返ると、私自身もかつてはそうでした。中学時代は素行不良で学校の先生に怒られっぱなしで、勉強は大っ嫌い。

慶應義塾大学に入りたいと思って勉強をし始めた時も、周りの大人たちの反応は「どうせ無理」というネガティブなものばかりでした。

「手放さなければ、得られない」元ビリギャル・小林さやかが34歳で2年の留学を決断できた理由
(画像=『Woman type』より引用)

でも、私には母と、塾講師の坪田信貴先生がいた。2人が「君なら大丈夫」と信じてくれたから、頑張ることができたんです。

自分を信じてくれる大人が側に1人でもいることが、どれだけ子どもの可能性を伸ばすか。私自身が一番よく分かっています。

講演を重ねてきて、今の私がやるべきことは、目の前の子どもたちを励ますだけじゃなく、周りの大人たちのことも変えていくことだと思うようになりました。

そのためにも、日本の学習観そのものを変える必要がある。でも、ずっと日本にいたら、良いところも課題点も、当たり前過ぎて気づけないこともたくさんあると思ったんです。

それなら、一度私自身が日本から出て多様な価値観の中で日本の教育を考えるために、コロンビア教育大学院へ行こう。それが、34歳になった今、留学することを決心した理由です。

麻雀理論で人生を考える。「手放す」と「手に入れる」は常にセット

とは言え、30代になってガラリと環境を変えるのは勇気がいります。

特に女性の場合は、何かとライフステージが変わるタイミング。自分のこれからのライフプランとキャリアを考えると、思い切った決断ができないというのも分かります。

私も同じで、留学を迷っていた理由の一つは、出産時期をどうするかでした。

「手放さなければ、得られない」元ビリギャル・小林さやかが34歳で2年の留学を決断できた理由
(画像=『Woman type』より引用)

もともと子どもが大好きで、仕事柄、いろいろな保護者の方から相談を受けることが多かった分、親になることへの興味も強い方だと思います。

今の夫と結婚したのは2020年。年齢やタイミングを考えても、世の中から見れば「そろそろ」と思われるだろうし、そんな時に海外の大学院に通い始めたら、母親になる時期を逃すんじゃないかと、少し悩んだんです。

ただ、最終的には今自分が情熱を注ぎたいと感じることにまずは取り組めばいいじゃないか、と思うようになったんです。

その理由は、今の夫の存在が大きくて。彼は私以上に自由な発想の持ち主で、「俺も一緒に行くから、やりたいことをやりなよ」と背中を押してくれました。

もしもその時がくるならアメリカで産む選択肢をとってもいい。今は生殖医療も発達してきているし、日本に帰ってきてから産む選択肢もとれるかもしれない。

仮に子どもができなくても、この人となら夫婦2人で歩む人生も楽しそうだなと純粋に思えたから。それはそれでいいか! って。

そう考えたら、すごく気持ちが楽になった。強いてあげるなら、留学を阻む壁になったのは、私の残念すぎる語学力くらいです。

受験であんなに勉強したのに、電車や飛行機なんかで流れる英語のアナウンスすら何言ってるか分かんない! っていうレベルでしたから(笑)

「手放さなければ、得られない」元ビリギャル・小林さやかが34歳で2年の留学を決断できた理由
(画像=『Woman type』より引用)

じゃあ、なぜ勇気のいる決断ができたかと言うと、「何かを手放すと、その分また新しい何かを得られる」ことを、これまでの人生経験の中から学んできたからかなと思います。

私はこれを「麻雀理論」と呼んでいます。麻雀はやったことないのですが(笑)。麻雀って、手元に置いておける牌(パイ)の数は決まっていて、牌を1枚拾ったら、1枚捨てなきゃいけない。

これって人生も全く一緒だなあと。手持ちの荷物がいっぱいだと、新しいものをつかめない。だから、今の日常を何か変えたいと思うなら、今あるものの中から何かを手放すことが必要。

その取捨選択が、その人にとってより豊かなキャリアをつくっていくんだと思います。